新型コロナウイルス感染症の影響により、2021年度の祇園祭山鉾巡行・及び関連行事(宵山等)の中止が決定しております。
詳細は 公益財団法人祇園祭山鉾連合会及び各山鉾町のホームページ等をご確認ください。

祇園祭2021

はしべんけいやま橋弁慶山

その名の通り、五条の橋の上で争う牛若丸と弁慶の姿が特徴的な山。牛若丸は足駄の金具だけで支えられており、とても500年も前のものとは思えない技術の高さが伺える。松も山篭も無いその形から、かなり起源の古い山であるとも考えられる。明治5年以降はくじ取らず。平成23年までは北観音山のすぐ後、後祭りの二番目だったが、平成24年の順序変更により、幕末以前の順番に戻り後祭では先頭となった。
弁慶は永禄6年(1563)、牛若丸は天文6年(1537)、双方に仏師康運(運慶の次男とされる)の銘がある。
胴掛の綴錦賀茂葵祭図(つづれにしきかもあおいまつりず)は円山応挙の下絵。

ご利益:心体健康・厄除け
グッズ:粽、弁慶の力縄(お守り)、手ぬぐい、扇子など
山建て:21日8:30~
舁き初め(かきぞめ):21日11:00頃
粽販売・会所公開:21日~


あなたは旧式のブラウザをご利用中です
このウェブサイトを快適に閲覧するにはブラウザをアップグレードしてください。