祇園祭2017

祇園祭とは

日本の三大祭のひとつにも数えられる、「祇園祭」。京都に暮らす人は、祇園祭が来る頃になるといよいよ夏本番を実感する、というほどの夏の風物詩です。祇園祭といえば山鉾巡行や辻回しなどがよく知られていますが、実は見どころは他にもたくさん!

そもそも祇園祭って?

祇園祭の歴史と由来

祇園祭とは、京都で毎年7月に行われる祇園・八坂神社の祭礼。その由来はなんと平安時代まで遡ります。

平安時代前期・869年。京都では各地で疫病が流行していました。そこで人々は神泉苑に、スサノヲノミコトなど祇園の神様を迎えた神輿3基と66本の矛を立てて御霊会(※)を行い、神に疫病を鎮めてもらおうとしたのが始まり、とされています。
(※災厄や祟りを防ぐための鎮魂儀礼。当時は天変地異や災いは不慮の死を遂げた人の魂による祟りと考えられていた)

室町時代になると四条室町を中心に町衆と呼ばれる豊かな商工業者が自治組織(両側町)をつくるようになり、各町ごとに山鉾を作って街中を巡行する現在のような形になっていきました。(現在も山鉾とそれを管理する鉾町は四条通・室町通近辺に集まっています)その後応仁の乱や第二次大戦などで中断もありましたが、その度に街の人々の力で復興し、現在まで実に千年以上続く歴史ある祭りとなっています。

祇園祭は一ヶ月続く!

祇園祭といえば?と聞くと、山鉾巡行とその前夜祭にあたる宵山を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。確かに勇壮な山鉾が街中を練り歩く巡行や、豪快な四条河原町交差点での辻回し、そして夜、多くの出店が立ち並び賑わう宵山は祇園祭が一番盛り上がる大一番。京都が祭一色に染まるハイライト的存在と言えます。

しかし、祇園祭は決してそれだけではありません。実は祇園祭は7月1日から31日まで一ヶ月間続く長丁場。その間多くの準備や行事が行われるんです!

その中には一般の方も参加できたり、見たことのない祇園祭の顔を垣間見られたりと面白いものも沢山あります。ちょっといつもと違った祇園祭を堪能してみてはいかがでしょうか?

2014年からは「後祭(あとまつり)」が復活!

これまで毎年7月17日に行われてきた山鉾巡行ですが、2014年からは17日の「前祭(さきまつり)」と24日の「後祭(あとまつり)」の2日間に分けて行われます。

実はこれが祇園祭の本来の形。前祭の巡行で京都の町中の穢れを払い、それから八坂神社の神様をお神輿で町にお迎えします。そして1週間後、後祭でもう一度 巡行で穢れを払い、神様を神社にお返しするのです。
(お神輿で神様をお迎えする行事を「神幸祭」、お返しする行事を「還幸祭」といいます)

山鉾巡行が17日にまとめて行われるようになったのは、昭和41年(1966)から。前祭・後祭の形に戻るのは、49年ぶりのこととなります。それにあわせ、宵山も14~16日の3日間に加え、後祭の前にあたる21~23日にも開催されます。

また、これまで後祭の山鉾巡行の代わりに行われていた花傘巡行も、山鉾に続く形で引き続き開催されます。本来の姿を取り戻し、より華やかさを増した祇園祭を、ぜひ体験してみてください!

※ 後祭の復興に伴い、山鉾によって巡行の日・登場順に変動が出ています。また、ほかの各行事の開催日程も変更されています。詳細は「日程」「山鉾コレクション」ページなどにてご確認ください。

「あとのまつり」は祇園祭で生まれた

タイミングを逃してしまうことなどの例えとして、「あとのまつり」と言いますが、これは祗園祭の「後祭」から生まれた言葉である、という説があります。

前祭の巡行は豪華な鉾が多数出るのに対し、後祭の巡行は山が中心で若干地味に感じられることから、「もう祭り一番の盛り上がりは過ぎている」としてこういわれるようになった、のだとか。しかし実際の巡行は後祭にはユニークな形の船鉾や大船鉾も登場し、山はどれも個性豊かで十分豪華な内容です。

後祭に行っても、決して「あとのまつり」にはなりませんよ。

あなたは旧式のブラウザをご利用中です
このウェブサイトを快適に閲覧するにはブラウザをアップグレードしてください。