岡本神草の時代

2017/11/01 ~ 2017/12/10


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館

【作品画像】
(1)岡本神草《口紅》大正7年(1918) 京都市立芸術大学芸術資料館
(2)岡本神草《拳を打てる三人の舞妓の習作》大正9年(1920) 京都国立近代美術館
(3)甲斐庄楠音《横櫛》大正5年(1916)頃 京都国立近代美術館


大正~昭和初期に活躍した日本画家、岡本神草の初の大規模回顧展です。

明治27年に神戸市で生まれた神草は、京都市立美術工芸学校(美工)を経て、京都市立絵画専門学校(絵専)へ進学。美工卒業生らによって結成された絵画会「密栗会」に参加し、当初は当時流行の新南画風の作品を描いていましたが、大正5年頃から舞妓を描くようになり、生涯のモチーフとしました。絵専の卒業制作で審査が厳しいことで知られる第1回国画創作協会展に入選、一躍新興美人画作家として注目を集めました。
神草の描く舞妓像は、浮世絵の影響を受けた官能的な画風に、心理的な隈ともいうべき陰影を施すことになり、どこか神秘的な存在感をたたえています。特に、大正7年発表の《口紅》、そして大正9年の《拳を打てる三人の舞妓の習作》は高い評価を受け、その将来を期待されました。昭和に入ってからは官能性を前面に押し出すのではなく、そこはかとなく漂わせる作風に移りますが、十分な展開を見せる前に、惜しくも昭和8年に38歳の若さで夭折しました。

今回の展覧会では、神草の代表作である《口紅》、《拳を打てる三人の舞妓の習作》をはじめ、神草は寡作な上早世したため数の少ない本画を可能な限り展示するほか、素描や下図、資料類100点ほどを加えてその画業を紹介します。同時に、神草とともに競い合った甲斐庄楠音など同時代の作家や、師にあたる菊池契月の作品もあわせて展示します。神草作品の持つ時代性や特異性を知るまたとない機会、ぜひご高覧ください。


CHECK POINT

【関連イベント】講演会「岡本神草の時代展について」

日時:2017年11月25日(土)14:00~15:30
講師:小倉実子(京都国立近代美術館主任研究員)
会場:京都国立近代美術館1階講堂
定員:100名(予約不要/先着順受付)
料金:無料
※当日11:00より1階受付にて整理券を配布します

【関連イベント】しんさうのぬりえ

会期中、美術館にアトリエスペースが登場!ぬり絵を愉しみながら岡本神草の世界にひたってみませんか。どなたでもご自由にご参加いただけます。

期間:会期中毎日
会場:京都国立近代美術館1階ロビー
料金:無料

【関連イベント】京都市立芸術大学 ホワイエコンサート

日時:2017年11月18日(土)17:10~
会場:京都国立近代美術館1階ホワイエ
定員:100名(予約不要/先着順受付)
料金:無料
共催:京都市立芸術大学

【関連イベント】映画上映会
NFC所蔵作品選集 MoMAK Films 2017「チェコ映画特集」

京都で東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)所蔵の映画作品が鑑賞できる、「MoMAK Films」。今回はチェコ映画を特集します。


日時:12月1日(土)18:00~/12月2日(日)14:00~
内容:『夜のダイヤモンド』(1964年)/『火事だよ!カワイコちゃん』(1967年)
定員:100名(先着順受付)
料金:1プログラム520円(当日券のみ)
主催:京都国立近代美術館、東京国立近代美術館フィルムセンター
※詳細については公式ホームページ、または美術館までお問合せください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗