1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立近代美術館
  5. メアリー・カサット展

メアリー・カサット展

2016/09/27 ~ 2016/12/04


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館

メアリー・カサットは、19世紀後半のパリで活躍したアメリカ出身の女性画家です。

裕福な家庭の娘として生まれたカサットは画家を志し、両親の反対を押し切って芸術の都・パリへ渡ります。そこで印象派を代表する画家エドガー・ドガと出会い、彼の勧めで印象派展に参加。新しい時代にふさわしい革新的な表現を模索するようになります。
カサットは明るい色彩と軽やかな筆遣いで、同時代を生きる女性たちを中心に、身近な人々や家庭の情景を描きました。特に母子の姿を暖かな眼差しでとらえた作品は多くの人々の共感を呼び、カサットは「母子像の画家」とも称されています。ルネサンス絵画などの古典美術や日本の浮世絵版画の表現を取り入れながら、カサットは近代における「聖母子像」を確立していきました。

日本では35年ぶりの開催となる今回の大回顧展では、カサットの油彩画やパステル画、版画の代表作に加え、ドガをはじめとする交流のあった印象派の画家たちの作品、カサットが強い影響を受け自ら収集も行っていた日本の浮世絵版画など、約110点の作品を展示。初期から晩年までのカサットの画業をご紹介します。

まだ女性の職業画家が少なかった時代、芸術の本場・パリの美術界で異国の女性が認められることは簡単なことではなく、カサットにとっても困難の連続でした。しかし彼女は教養と気品を備え、バイタリティにあふれた人間的魅力、そして画家として生きるという強い意志で困難を乗り越えました。時には美術品のアドバイザーとして交流のあるアメリカのコレクターにいち早く印象派絵画を勧め、今日のアメリカにおける充実した印象派コレクションの礎を作りました。その生き様は、現代を生きる私たちにも勇気を与えてくれます。

画家としてたくましく生きた生涯とともに、愛にあふれるカサット芸術の真髄をこの機会にお楽しみください。

【作品画像】
(1)《桟敷席にて》 1878年 油彩、カンヴァス 81.3×66.0cm ボストン美術館蔵 The Hayden Collection-Charles Henry Hayden Fund, 10.35. Photography © 2015 Museum of Fine Arts, Boston
(2)《眠たい子どもを沐浴させる母親》 1880年 油彩、カンヴァス 100.3×65.7cm、ロサンゼルス郡立美術館蔵 Digital Image © 2015 Museum Associates / LACMA. Licensed by Art Resource, NY
(3)《母の愛撫》 1896年頃 油彩、カンヴァス 38.1×54.0cm フィラデルフィア美術館蔵 Courtesy of the Philadelphia Museum of Art, Bequest of Aaron E. Carpenter, 1970
(4)《夏の日》 1894年 油彩、カンヴァス 100.6×81.3cm テラ・アメリカ美術基金蔵 Terra Foundation for American Art, Daniel J. Terra Collection, 1988.25 Photography © Terra Foundation for American Art, Chicago
(5)《沐浴する女性》 1890-91年 ドライポイント、ソフトグランド・エッチング 36.7×26.8cm ブリンマー・カレッジ蔵 Courtesy of Bryn Mawr College


CHECK POINT

【関連イベント】トークショー「陽の当たる場所へ ― 印象派の花 メアリー・カサットの功績」

日時:2016年11月13日(日)14:00~15:00
出演:原田マハ(作家)
会場:京都国立近代美術館 1階ロビー
定員:200席(先着順受付/事前申込不要)
料金:無料(展覧会の観覧券が必要です)
※10:00より1階受付にて整理券を配布します

【関連イベント】担当学芸員によるギャラリートーク

日時:2016年10月8日(土)、11月5日(土)11:00~12:00
会場:京都国立近代美術館 3階企画展示室
定員:20名(先着順受付/事前申込不要)
料金:無料(展覧会の観覧券が必要です)
※10:00より1階受付にて整理券を配布します

【関連イベント】ファミリープログラム「きょう、目の前の家族を描いてみよう」

身近な人たちの姿を優しいタッチで描いたメアリー・カサット。その作品からは、モデルに対するカサットのあたたかな眼差しが伝わってきます。
このイベントでは、画家の児玉彩さんとともに展示室でカサットの肖像画の魅力を味わった後、パステルで家族の顔を描き合います。
親しい間柄だからこそ見せる表情やしぐさ、貴方だけが知っている家族の「素顔」を絵で表現してみませんか?

日時:2016年10月30日(日)14:00~
講師:児玉 彩(画家)
会場:京都国立近代美術館 1階講堂
定員:20名(要申込))
※1組につき最大3名まで
※4歳以上とその保護者の方が対象です(親子・孫・きょうだいでの参加も可)
料金:無料(高校生以上は展覧会の観覧券が必要です)
※汚れても良い服装でお越しいただくか、エプロンをご持参ください。
※申込みは定員に達し次第終了となります

申込み方法


■メール
件名に「ファミリープログラム申し込み」と記入し、下記テンプレートをコピー・必要事項記入の上、info@ma7.momak.go.jp宛にお申込みください。
※必ず参加者全員の方の情報をご記入ください

----------
参加者の合計:  人
氏名(ふりがな):
年齢:
性別:
代表者の連絡用メールアドレス:
代表者の携帯電話番号:
----------

■電話
(1)参加者氏名(2)年齢(3)性別(4)代表者メールアドレス(5)代表者の携帯電話番号
以上を添えてお電話(075-762-1711/京都国立近代美術館学芸課・学習支援係)ください。
※受付時間:平日10:00~17:00
※必ず参加者全員の情報をお伝えください

【会期中イベント】NFC所蔵作品選集 MoMAK Films「女性監督・田中絹代特集」

京都で東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)の所蔵作品が鑑賞できる
MoMAK ILMS」。
今回は戦後活躍した女性映画監督・田中絹代の作品を特集。
女の視点から男女の愛と性を描いた田中絹代の4作品を振り返り、日本映画史の読み直しをはかります。

日時:【1】2016年11月5日(土)14:00~『月は上りぬ』(1955年)/15:55~『乳房よ永遠なれ』(1955年)
   【2】2016年11月6日(日)14:00~『流転の王妃』(1960年)/15:55~『女ばかりの夜』(1961年)
料金:1プログラム520円(当日券のみ)
※当日に限り、上記料金でコレクション展もご覧いただけます。
定員:各回100席(先着順受付/以前申込不要)
※当日13:30より会場入口にて各回の整理番号付入場券を販売します。
※各回入替制です。
※1回目は13:30、2回目は上映開始10分前開場

【会期中イベント】ホワイエコンサート

日時:2016年11月19日(土)17:10開演
会場:京都国立近代美術館 1階ロビー
料金:無料
定員:100席(先着順受付)
演奏:京都市立芸術大学

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗