1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立近代美術館
  5. endless 山田正亮の絵画

endless 山田正亮の絵画

2017/03/01 ~ 2017/04/09


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館

――描き続けたまえ 絵画との契約である

山田正亮(やまだ・まさすけ)は、この言葉のとおり「絵画と契約」――自らの人生と“描く”行為そのものを一体化させてしまった画家でした。彼は世俗や流行には背を向けて、誰かにおもねることもなく、東京の郊外のアトリエでひとり制作を続けました。50年以上の画業の間に絶え間なく描き続けられた絵画作品の数は、約5,000点にのぼります。その作品群は1978年に東京の康画廊で行われた個展で驚きと賞賛を持って迎えられ、以降、彼は現代絵画の遅れてきた寵児として高い評価を受けるようになりました。2005年には府中市美術館にて個展が開催されたほか、近年ではロンドンのアートフェアで個展が行われるなど、欧米圏でも注目を集めつつあります。

山田正亮が生涯に残した膨大な作品は、常に熟練の技巧によって丹念に描きこまれた高質なもので、一点一点が違う表情を見せます。それは各作品における苦闘と新鮮な発見を物語っており、ひとつのものに一途に向き合うことの豊かさを見せ付けるかのようです。
一方で彼は、自らの作品全てを一塊のものとして捉え、全体の持続と整合性こそがひとつの作品であるかのような独特の姿勢を保っていました。それは、一見すると作者の意図通りに編集されたクールな知的探求のようにも見えます。

今回の展覧会は、山田正亮の没後6年を経て開催される初の包括的な回顧展です。初期に描かれた静物画の連作「Still Life」から、ストライプの画面が印象的な中心的シリーズ「Work」、そして画面全体を単一な色彩で塗りこんだ「Color」シリーズまで、膨大な作品から選りすぐった山田の代表作約200点を展示します。また、多様な探求の足跡をうかがわせる紙作品約30点と、スケッチが随所に描きこまれた50冊以上もの制作ノートもあわせてご紹介します。
日本の戦後美術において唯一無二の活動を見せた山田正亮の全体像とその魅力をご高覧ください。

【作品画像】
(1)《Still Life No.64》1953年 油彩・キャンバス
(2)《Work C.73》1960年 油彩・キャンバス 東京国立近代美術館蔵
(3)《Work C.77》1960年 油彩・キャンバス 東京国立近代美術館蔵
(4)《Color no.98》1999年 油彩・キャンバス
(5)東京国立市の山田正亮のアトリエ


CHECK POINT

【関連イベント】講演会「山田正亮の絵画について」

日時:2017年3月11日(土)18:00~19:30
講師:中林和雄氏(東京国立近代美術館副館長/本展企画者)
会場:京都国立近代美術館 1階ロビー
定員:先着100名
料金:無料
※当日17:00より1階受付にて整理券を配布します(定員に達し次第配布終了)

【関連イベント】ギャラリー・トーク

日時:2017年4月1日(土)14:00~14:30
講師:平井章一氏(京都国立近代美術館主任研究員)
会場:京都国立近代美術館 3階 企画展示室
料金:無料(ただし展覧会の観覧券が必要です)
※開始10分前に1階受付にお集まりください

【関連イベント】春休みワークショップ「だいへんしん!山田正亮の絵画」

山田正亮の代表作といえば、ストライプの絵画。
このワークショップでは、さまざまな「ことば」をヒントに、山田正亮の作品を変身させて、オリジナル作品を制作します。
作品カードを好きな形に切り貼りしたり、同じ色を使って絵を描いたり、ことばから膨らむイメージを自由に表現してみましょう。

日時:2017年3月18日(土)・3月25日(土)・4月1日(土)各日12:00~15:00(随時参加可能/所要時間約30分程度)
会場:京都国立近代美術館 1階ロビー(特設アトリエスペース)
料金:無料(事前予約不要。どなたでもご参加いただけます)

※混雑時はお待ちいただく場合がございます。
※展覧会をご覧になる場合は別途観覧券が必要です。
※はさみ等を使用する場合がございますので、小さなお子様が参加される場合は、必ず保護者の方が同伴してください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗