1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立近代美術館
  5. ドレス・コード?――着る人たちのゲーム

ドレス・コード?――着る人たちのゲーム

2019/08/09 ~ 2019/10/14


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館

今日着ている服、あなたはどうやって選びましたか?
制服、スーツ、ジーンズ、Tシャツ、ジャージ、ワンピース、トレンチコート……。その時の気分で選ぶこともあれば、何をするか、誰に会うかで決めることもあるでしょう。コスプレのように自分とは別の〈だれか〉になろうとすることだってあります。
一方で、ファッションは機能的な意味での「着る」だけでなく「視る/視られる」対象でもあります。そこには特定の文化や社会・グループで通用するコードがあり、そこから暗黙のルールや駆け引き、あるいはゲームにも似た自己と他者のコミュニケーションが存在します。

ファッションは、社会生活における自己と他者の関係性の構築に一定の役割を担ってきました。そして、インターネットとSNSの普及によって、誰もが自らの日常の装いの実践を自由に発信できるようになった現在、私たちとファッションのかかわり方もまた新しい局面を迎えています。

この展覧会では、13のキーワードを挙げ、ファッションやアートのほか、映画や舞台、マンガなどに描かれたファッションも視野に入れながら、現代社会における〈ドレス・コード〉をめぐる、わたしたちの装いの実践=ゲームについて見つめ直します。

作品画像
メインビジュアル:COMME des GARÇONS(川久保玲) 2018年春夏 京都服飾文化研究財団所蔵、畠山崇撮影
【1】COMME des GARÇONS HOMME PLUS(川久保玲) 2009年秋冬 京都服飾文化研究財団所蔵、畠山崇撮影
【2】KOCHÉ(クリステル・コーシェ) 2018年春夏 京都服飾文化研究財団所蔵、畠山崇撮影
【3】ジェフ・クーンズ×LOUIS VUITTON 2017年 京都服飾文化研究財団所蔵、畠山崇撮影
【4】ハンス・エイケルブーム 《フォト・ノーツ》 1992-2019年 インクジェットプリント 作家蔵 (C) Hans Eijeklboom
【5】元田敬三 《ツッパルな》 2015年 ゼラチン・シルバー・プリント 作家蔵 (C) Keizo Motoda


CHECK POINT

【関連イベント】トークイベント

連続アーティスト・トーク


出展アーティストが会場にて自身の作品について語ります。

日時:2019年8月9日(金)15:00~
講師:青山悟、元田敬三、ハンス・エイケルブーム、都築響一
会場:京都国立近代美術館 企画展示室
料金:無料(本展覧会観覧券が必要です)
定員:50名(先着順受付/事前予約不要)
※当日14:00より、聴講用ワイヤレス受信機を貸し出します

ギャラリートーク


日時:①2019年8月10日(土)②8月30日(金)③9月14日(土) 各日18:30~
講師:①石関亮(京都服飾文化研究財団チーフ・キュレーター)
   ②牧口千夏(京都国立近代美術館主任研究員)
   ③小形道正(京都服飾文化研究財団アシスタント・キュレーター)
会場:京都国立近代美術館 企画展示室
料金:無料(本展覧会観覧券が必要です)
定員:各日20名(先着順受付/事前予約不要)
※当日17:00より1階受付にて整理券を配布します(整理券は一人1枚)

スタイリスト髙山エリ氏トークイベント
「楽しくなければ、ファッションじゃない!~現代のドレス・コードを語る~」


ファッション誌や女優のスタイリングで活躍中のスタイリスト、髙山エリ氏が本展のインスタグラム・イベントや昨今のファッションを題材に、ドレス・コードの楽しみ方について語ります。
日時:2019年10月12日(土)14:00~15:00
登壇者:髙山エリ(スタイリスト)、筒井直子(京都服飾文化研究財団キュレーター)
会場:京都国立近代美術館 1階講堂
料金:無料(本展覧会観覧券が必要です)
定員:70席(先着順受付/時間内は出入り自由)

【関連イベント】シンポジウム「ドレス・コード?――それぞれのファッション学の視点から」

日時:2019年8月31日(土)13:30~16:30(開場13:30)
登壇者:内村理奈(日本女子大学家政学部 准教授)
    平芳裕子(神戸大学大学院人間発達環境学研究科 准教授)
    井上雅人(武庫川女子大学生活環境学部 准教授)
    小形道正(京都服飾文化研究財団 アシスタント・キュレーター)
会場:京都国立近代美術館 1階講堂
料金:無料(本展覧会観覧券が必要です)
定員:80名(先着順受付/事前予約不要)
※当日17:00より1階受付にて整理券を配布します(整理券は一人1枚)

【関連イベント】ICOM京都大会関連/コスチューム部会によるセッション

日時:2019年9月3日(火)13:30~18:00
会場:京都国立近代美術館 1階講堂
※ICOM京都大会における関連イベントです。当日残席がある場合、一般の方でも聴講可能です。詳細はお問合せください。

【関連イベント】ワークショップ

2050年のドレス・コードを考えよう!


いまから約30年後の2050年。私たちの暮らしはどうなっていて、あなたはどこで何を身にまとい日々を過ごしているでしょうか。ちょっと先の社会を想像しながらファッションの未来を一緒に考えてみませんか?

日時:2019年9月8日(日)12:10~16:30(開場11:40/展覧会の見学付、途中休憩有)
会場:京都国立近代美術館 1階講堂、企画展示室
ファシリテーター:水野 大二郎(芸術博士(ファッションデザイン)、京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab特任教授)ほか
講師:石関 亮(京都服飾文化研究財団 キュレーター)
料金:1,620円(税込、当日の展覧会観覧券含む)
定員:50名(事前申込制)
※お申込み・詳細はワコールスタディホール京都HPをご覧ください。

手話とアート「それってどんな服?~sign language dress up~」


身の回りには様々なファッション・アイテムがあふれています。それを人が着ているのを見るとき、あるいは自分が着るとき、私たちはそこからどのような印象を受け取り、どのような印象を与えているのでしょうか。本ワークショップでは、「それってどんな服?」という印象や情報を参加者同士で話し合い、ファッション・アイテムの手話を一緒に制作します。

日時:2019年9月16日(月・祝):10~16:30
会場:京都国立近代美術館 1階講堂、企画展示室
料金:無料(本展覧会観覧券が必要です)
定員:20名(事前申込制・抽選により決定)
※お申込み・詳細は展覧会特設サイトをご確認ください。
※申込締切は8月20日(火)必着、当選者には23日(金)までにご連絡いたします。

子どものワークショップ
着せかえ紙人形を使って19世紀のファッション・デザイナーになろう!


19世紀のファッション誌の付録についていた着せかえ紙人形。このドレスの型(白紙)に好きなデザインを描き、色をつけてみましょう!参加者には「人形1体と帽子類のシート」と「白紙のドレス型のシート」をお渡しします。各自で切り取って制作していただきます。

日時:2019年9月21日(土)・28日(土)各日13:00~16:00
※開催時間中はいつでも参加可能(定員に達し次第受付終了)
会場:京都国立近代美術館 1階ロビー
料金:無料
定員:各日50名(先着順受付/3歳以上対象、未就学児は要保護者同伴。大人の方も参加可能です)
※材料・道具は会場にて用意しています。持物は特に必要ありません。

【関連イベント】映画上映[NFAJ 所蔵作品選集]MoMAK Films 2019:学園のドレス・コード

国立映画アーカイブ(NFAJ)(旧:東京国立近代美術館フィルムセンター)が所蔵する約8万本におよぶ内外の名作映画のコレクションから、「美術館と映画」という視点で選んだ作品を上映します。

今回は展覧会に関連して、「学園のドレス・コード」をテーマに、作品を国立映画アーカイブ所蔵の35mmフィルムで上映します。
厳格な学校生活の中でゆらぎ、まどう少年・少女たちの世界や、好きなことに熱中した1960~70年代の高校生たちの短く切ない青春を、映画衣裳の豊かな表現とともにお楽しみ下さい。

会場:京都国立近代美術館 1階 講堂
料金:1プログラム520円(当日券のみ/先着100席)
※上映作品の詳細は、美術館のホームページなどでご確認ください。
※上映作品は都合により変更となる場合があります。

【1】2019年8月24日(土)


①14:00~15:30『1999年の夏休み』1988年
②16:00~17:36『櫻の園』1990年
③18:00~19:59『がんばっていきまっしょい』1998年

【2】2019年8月25日(日)


①14:00~16:15『青春デンデケデケデケ』1992年

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗