1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立博物館
  5. 西国三十三所 草創1300年記念 特別展「聖地をたずねて─西国三十三所の信仰と至宝─」

西国三十三所 草創1300年記念 特別展「聖地をたずねて─西国三十三所の信仰と至宝─」

2020/07/23 ~ 2020/09/13


【京都国立博物館】

京都国立博物館

【作品画像】下段左より
(1) 重要文化財「菩薩半跏像」奈良時代(8世紀) 奈良・岡寺(龍蓋寺)(通期展示)
(2) 国宝「六道絵」のうち「閻魔王庁図」鎌倉時代 (13世紀) 滋賀・聖衆来迎寺(展示期間:8/18-9/13)
(3) 国宝「餓鬼草紙」(部分)平安~鎌倉時代(12世紀) 京都国立博物館(展示期間:8/18-9/13)
(4) 秘仏「如意輪観音坐像」京都・頂法寺(六角堂)(通期展示)
(5) 重要文化財「千手観音立像」平安時代(10世紀) 京都・醍醐寺(展示期間:8/18-9/13)


「西国三十三所」は、近畿2府4県と岐阜県に点在する観音菩薩を本尊とする霊場33か所の総称です。
養老2年(718)、大和国(奈良県)長谷寺の開基・徳道上人が死の淵をさ迷った際、地獄の閻魔大王から「生前の悪行により地獄へ送られる者が多い。人々が観音霊場へ参ることで功徳を得られるよう、観音菩薩の慈悲の心を説くように」 とお告げを受け、起請文と33の宝印を授かって現世へ帰されたという逸話にはじまるといいます。その後、徳道上人が極楽往生の通行証となる宝印を納めた場所が、観音霊場を巡る信仰となり、33の札所を巡る日本最古の巡礼路となりました。
巡礼路の総距離は約1000キロメートルに及び、和歌山、大阪、兵庫、 京都、奈良、滋賀、岐阜と近畿圏を包括するように伸びています。特に文化の中心地である京都に3分の1の霊場が集中していることから、観音信仰と巡礼の文化は全国に広がりました。

本展は、西国三十三所草創から1300年を機としてゆかりの深い京都の地で開催される特別展です。今もなお、老若男女、国籍を問わず、 人々をひきつける巡礼の魅力を、美しい観音菩薩の姿や各札所の寺宝を通じてご紹介します。観音信仰とともに守り伝えられてきた至宝の数々をご堪能ください。

※会期中一部展示替えとなる作品がございます。
※本展は会期予定が変更となりました。詳細は展覧会公式サイトをご確認ください。
新型コロナウイルス感染症予防・拡大防止のため、状況により会期や展示期間の変更を行う場合があります。


CHECK POINT

【関連イベント】ワークショップ「姿から見つける、私の好きな観音さま~スタンプでしおりを作ろう~」

西国三十三所の札所には、様々な姿の観音様が祀られています。
このワークショップでは、YES/NOチャートを使って代表的な4尊の観音様から、自分の好きな姿の観音様を見つけ、オリジナルのしおりを作ります。展示室の観音様がより身近に感じられるはずです。

※ワークショップの内容・場所等は都合により変更となる場合があります。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、京博ナビゲーターと皆様との接触を最小限にして実施いたします。(状況により中止となる場合があります。予めご了承ください)

日時:会期中の10:30~16:00(受付は15:45まで/所要時間15分程度)
会場:京都国立博物館 平成知新館2階 レファレンスコーナー
定員:1日先着220名
料金:無料(当日の特別展観覧券が必要です)

【関連イベント】記念講演会

会場:京都国立博物館 平成知新館 講堂
定員:各日52名
料金:無料(当日の展覧会観覧券が必要です)
※各日12:00より、平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布します(定員に達し次第終了)

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、他の方との間隔(1m以上)を確保するべく、通常より定員を減らしての開催となります(着席場所は係員の指示に従ってください)

西国巡礼 慈悲の道


日時:2020年7月23日(木・祝)13:30~15:00
講師:藤田 浩哉 氏(西国三十三札所会 会長・今熊野観音寺 山主)

資料からみる西国三十三所


日時:2020年8月8日(土)13:30~15:00
講師:羽田 聡(京都国立博物館 美術室長兼列品管理室長)

西国三十三所、観音めぐり


日時:2020年8月22日(土)13:30~15:00
講師:淺湫 毅(京都国立博物館 上席研究員)

信仰の息づく霊地―那智山経塚出土の立体曼荼羅―


日時:2020年8月29日(土)13:30~15:00
講師:末兼 俊彦(京都国立博物館 主任研究員)

経典にみる観音菩薩


日時:2020年9月5日(土)13:30~15:00
講師:上杉 智英(京都国立博物館 研究員)

【関連イベント】おうちで楽しもう!七観音オリジナルぬりえ

展覧会で展示される「七観音」のぬりえを作成しました。
観音さまは、それぞれ特徴のある姿をしています。好きな観音さまを見つけて、色をぬってみましょう。
公式サイトからダウンロードできます。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗