1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立博物館
  5. 特別展「流転100年 佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美」

特別展「流転100年 佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美」

2019/10/12 ~ 2019/11/24


【京都国立博物館】

京都国立博物館

平安時代の歌人、藤原公任が選んだ36人の優れた和歌の詠み人「三十六歌仙」。柿本人麻呂や小野小町、在原業平など、飛鳥~平安時代に活躍した歌人が挙げられ、鎌倉時代以降、その肖像画が好んで描かれました。中でも最高峰の名品とされるのが、旧秋田藩主・佐竹侯爵家に伝えられた「佐竹本三十六歌仙絵」です。
元は2巻の絵巻物で構成されていましたが、大正8年(1919)に当時の所有者から売却された際、あまりの高額のために単独で購入できる人物が見つからず、やむを得ず一歌仙ずつ分割した形で別々の所有者の手に渡り、秘蔵されることになりました。

2019年は、この「佐竹本三十六歌仙絵」が分割されてから100年を迎える年です。これを期に、離れ離れとなった断簡を展覧会としては過去最大となる規模で集め、皆様にご覧いただきます。
「佐竹本三十六歌仙絵」は、単に歌仙それぞれの容貌を描き分けるだけでなく、歌の意味に添って表情や姿勢にも微妙な変化が加えられ、詠んだ人物の心情さえも感じさせる表現となっています。また、料紙や絵の具も最高級のものが用いられ、その美しさは一歌仙ずつの断簡となっても損なわれていません。

その他にも展覧会では、平安・鎌倉時代に花開いた王朝美術の名品や、さまざまな時代に描かれた多彩な歌仙絵の数々、そして分割後の所有者たちに関連する品々やエピソードも併せて紹介します。時代を超えて伝えられる秘宝中の秘宝「佐竹本三十六歌仙絵」と、それを生んだ宮廷文化の最高の美の世界を、作品を巡る流転のドラマとともにご堪能下さい。

※会期中に展示替・ページ替となる作品がございます。各作品の展示期間等の詳細は公式HPの出品一覧等にてご確認ください。
【前期】10月12日(土)~11月4日(月・休)/【後期】11月6日(水)~24日(日)

【作品画像】
(1) 重要文化財 《佐竹本三十六歌仙絵 小大君》 鎌倉時代 13世紀、大和文華館蔵、後期展示
(2) 重要文化財 《佐竹本三十六歌仙絵 坂上是則》 鎌倉時代 13世紀、文化庁蔵、通期展示
(3) 重要文化財 《佐竹本三十六歌仙絵 源公忠》 鎌倉時代 13世紀、京都・相国寺蔵、通期展示
(4) 国宝 《三十六人家集》のうち「重之集」 平安時代 12世紀、京都・本願寺蔵、通期展示(※帖替・ページ替有)
(5) 《柿本人麻呂像》 鎌倉時代 13世紀、京都国立博物館蔵、通期展示


CHECK POINT

【関連イベント】特別公演「巡る美 変わる美 −流転する日本文化−」

日時:2019年11月4日(月・休)14:00~15:00
講師:彬子女王殿下
会場:平成知新館 講堂
定員:180名(事前申込不要)
料金:無料(当日の観覧券が必要です)
※当日11:00より平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布します(定員に達し次第終了)

【関連イベント】記念講演会

会場:平成知新館 講堂
定員:200名(事前申込不要)
料金:無料(当日の観覧券が必要です)
※当日11:00より平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布します(定員に達し次第終了)

開幕記念講演会
「冷泉家の歴史と文化 -冷泉流歌道をめぐって-」


日時:2019年10月13日(日)13:30~15:00
講師:冷泉 為人氏(冷泉家時雨亭文庫 理事長・京都美術工芸大学 学長)


歌仙絵の成立と展開 -佐竹本への道のり-


日時:2019年10月19日(土)13:30~15:00
講師:土屋 貴裕氏(東京国立博物館 主任研究員)

歌仙絵の最高峰 -佐竹本三十六歌仙絵の表現と情緒-


日時:2019年11月2日(土)13:30~15:00
講師:井並 林太郎氏(京都国立博物館 研究員)

佐竹本三十六歌仙絵への想い


日時:2019年11月2日(土)13:30~15:00
講師:降矢哲男氏(京都国立博物館 研究員)

【関連イベント】十二単お服上げの再現―現代につながる王朝の美

十二単ファッションショー!絵巻に描かれた中務、小大君、小野小町ら女性歌人の姿を、舞台上に再現します。 十二単の鮮やかな色の重なり、かすかな衣擦れの音、そしてお服上げ(着付)の巧みな技術にご注目ください。

日時:2019年11月9日(土)①11:00~ ②12:30~ ③14:00~ ④15:30~
出演:衣紋道 東京道場
会場:平成知新館 講堂
定員:180名(事前申込不要)
料金:無料(当日の観覧券が必要です)
※10:00より、平成知新館1階グランドロビーにて整理券(1人1枚)を配布します(定員(200名×4公演)に達し次第配布終了)

【関連イベント】ワークショップ「顔を描こう!~和歌で感じる歌仙のこころ~」

「佐竹本三十六歌仙絵」は、和歌の意味に寄り添って歌仙ひとりひとりの表情や姿勢に変化を加えており、歌仙の内面や心情さえも感じさせる表現が見どころのひとつです。
今回のワークショップは、和歌をふまえて歌仙の顔を描くことで、歌仙絵を鑑賞します。

日時:会期中毎日 10:30~16:00(受付は15:45まで)※15分程度
会場:京都国立博物館 平成知新館2F レファレンスコーナー
定員:1日220名(先着順)
料金:無料((当日の観覧券が必要です)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗