1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. ハリス理化学館 同志社ギャラリー

御所周辺

ハリス理化学館 同志社ギャラリー

同志社は明治8年(1875)に新島襄が開校した同志社英学校を前身とします。
襄は、約10年におよぶアメリカでの学びを追え、日本に帰国後はキリスト教主義の教育機関の設立を目指して奔走しました。そして、京都府顧問格にあった山本覚馬や、アメリカン・ボードをはじめとした多くの人々の協力と援助を得て、同志社の基礎を築きました。その後も、襄の志を受け継いだ多くの先人たちが、同志社の発展に尽力してきました。

当館は、そんな創立者・新島襄の志と同志社の歴史を、同志社が所蔵している資料の数々によって紹介する展示施設です。企画展示室では年数回、企画展も開催されます。
 

ハリス理化学館

同志社大学理工学部の前身「ハリス理化学校」の建物として、アメリカの実業家J.N.ハリスの寄付(10万ドル)をもとに建てられた煉瓦造りの建造物。竣工は明治23年(1890)。 煉瓦の積み方は長いものと短いものを交互に組み合わせたイギリス式です。正面看板には「SCIENCE」と刻まれ、長く同志社の理化学教育の拠点であったことを今に伝えています。設計者は関西を拠点に活躍した建築家A.ハンセル。ハンセルは京都では平安女学院の明治館の設計を行い、他に神戸などにも作品を残しています。

【京都ミュージアム紀行】新島旧邸

地図

ホームページ



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗