Report & Review ボランティアライター・ブロガーの皆様からお寄せいただきました
レビュー・レポートを掲載しています。

ボランティアライター・ブロガーとは

日本美術と髙島屋

投稿:2017年4月 7日

髙島屋京都店にて、「日本美術と髙島屋」展が10日まで無料で開催されています。

まずDVDで髙島屋の歴史を知ってから会場を見ると、それぞれの作品がなぜ今回展示されているのかを理解することができます。

そして髙島屋の三代目飯田新七は、明治15年に画工室を設置し、京都の画家たちに友禅染の下絵制作を依頼しました。そこに集った画家の中には竹内栖鳳もいました。展示品でも彼の勤務着が最初に目に入ります。
また、ここで海外向けに制作されたビロード友禅「ロッキーの雪」「ベニスの月」は、ロンドンの大英博物館に所蔵されています。都路華香の「吉野の桜」の原画は現在行方知れずだそうです。「波に千鳥」はフランスの舞台女優サラ・ベルナールに買い上げられました。

刺繍屏風の「秋草に鶴」は今では再現不可能な超絶技巧の工芸品です。
「東海道五十三次絵巻」は、院展開催の費用を作るため制作されたもので人力車や篭、馬車で旅をして描かれました。

髙島屋の飯田家からトヨタ自動車創業家の豊田家へ嫁いだ二十子さんの着物もすばらしいものでしたが、豊田家から現代名家有幅画会以来の出品となった箱書きとタイトルが異なっている「小心胆大」も見どころでした。
また、飯田家の平櫛田中(ひらぐし・でんちゅう)の作による内裏雛は作者65歳のときの作品で、ちょうど歌舞伎座ができたころと同時期のもの。

とにかくすばらしい物ばかりの見ごたえある展示内容でした。

文責:のり憲



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗