Report & Review ボランティアライター・ブロガーの皆様からお寄せいただきました
レビュー・レポートを掲載しています。

ボランティアライター・ブロガーとは

渡邉敬介展「Imagine 1000km 100m 10日」

投稿:2013年4月26日

 

ギャラリーマロニエは、この真ん中の建物です。

moriyasu201304-7(1).jpg

河原町通りにありますので、町へ出たついでにちょっと寄られては?

4月22日まで開催されていた展示「渡辺敬介展」は、とても印象深かったです。
震災後の東北で、その場の地面に紙を敷いて一気に仕上げられた作品。
テーマごとに紙一本が使われており、一本が25メートルもあるので、
ギャラリーに入りきらず、端を巻いてありました。

写真は、ギャラリーマロニエのホームページよりお借りしました。
「結果的に10日間で1000kmを車で走破、75cm巾25m作品を上記テーマで
4本、計100mと小品群を制作しました。
と、解説文に。

moriyasu201304-7(2).jpg

屋台村、福祉施設の子供たち、気仙沼、工事現場のテーマで4本。

丁寧なきれいな絵ではありません。
感情と出来事があふれるほどに描かれていました。
ときどき、言葉もあり、ときどき、新聞や写真のコラージュがあり。
ただの日記、あるいはあてのないレポートなのかもしれない、
そんなふうにも見えるのですが、私には、どういうわけか
これまでの、どんな報道よりも、情報よりも、現状が伝わってきたのです。

この展示は次に、ロンドンで開催されるそうです。
外国の方にも伝わるのではないでしょうか。

作品を作る間、ずっと犬がついてきてくれたそうで、

moriyasu201304-7(3).jpg

作品にも立体で登場しています。

moriyasu201304-7(4).jpg

この展示では思うところが多くて、胸がいっぱいになりました。
情景をざらざらと描いていっただけの雑な仕上がりに見えますが、
とても内容が濃く感じられました。美しかったのです。
目を閉じても見えるくらいに存在感のある展示でした。

moriyasu201304-7(5).jpg

会場の入り口に設置されたメッセージボード。
解説をしてくださったギャラリーの方にすすめられて、
ペンをとったのですが、なにも書けずに悩みました。
今回は、色々なことを教えていただけました。


渡邉敬介展「Imagine 1000km 100m 10日」



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗