Venuesアート施設

京都市京セラ美術館

昭和8年(1933)に東京都立美術館に次ぎ日本で二番目に建てられた公立美術館。明治以降の京都を中心とする近現代の日本画・洋画・彫刻・工芸などを主に所蔵・収集しています。

2020年春に「京都市京セラ美術館」としてリニューアル。
開館当時から残る前田健二郎設計の近代建築を活かした本館と、新館「東山キューブ」の2つを中心とした構造に生まれ変わりました。本館では所蔵品を入れ替えながら展示する常設展示室「コレクションルーム」の他、特別展・企画展、各種団体による公募展等を開催。新館では現代美術やアニメ・マンガ、デザイン・ファッションなど新たなジャンルの企画展を中心に開催します。他、カフェやショップ、新進作家を中心に展示を行うギャラリーも新設。同じく岡崎公園内に位置する別館とあわせ、岡崎エリアの中心的な文化施設として新たな歴史を刻みます。

※新型コロナウイルス感染症予防・拡散防止のため、京都市京セラ美術館の入館は、当面の間予約制(定員有)となっています。予約方法・詳細は美術館のWebサイトをご確認ください。

■ リニューアル(建物内覧会)時の詳細レポートはこちら!
《1》《2》

所蔵品

所蔵品は、上村松園竹内栖鳳、菊池契月、浅井忠、土田麦僊といった、京都画壇を代表する画家たちを中心に京都ゆかりの作家による絵画・工芸作品を多数所蔵・収集しています。 コレクションは本館内の「コレクションルーム」にて展示。展示時期の季節に合わせたセレクトで、名品を随時紹介します。

この施設のおすすめ

本館では「コレクションルーム」の他、各展示室で様々な特別展・企画展、公募展(日展・京展)などを随時開催。 隣接する新館「東山キューブ」では現代美術を中心に、アニメ・マンガ、デザイン・ファッションなど様々なジャンルの作品の展示を開催します。 他、イベント会場としても活用される正面広場「京セラスクエア」や、エントランス「ガラス・リボン」にはショップエリアやカフェ、新進作家の作品を中心に展示するギャラリー「ザ・トライアングル」などを備えます。 こちらや建物東側の日本庭園や新館屋上のテラス、本館内の中央ホールなど一部のエリアは入場無料エリアとなっています。

アート施設概要

住所 〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町124(岡崎公園内)
お問い合わせ TEL:075-771-4334075-771-4334
開館時間 10:00〜18:00(入場は17:30まで)
休館日 月曜日(祝日の場合は開館)及び年末年始
料金 展覧会によって異なる ※一部無料入場エリアがございます
アクセス 【地下鉄】東西線「東山」駅下車、徒歩約8分
【京阪】「三条」駅下車、徒歩約16分

【市バス】
5・46・100・110号系統にて「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ
32号系統・岡崎ループ号にて「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車すぐ
201・202・203・206号系統にて「東山二条・岡崎公園口」下車、徒歩約5分

※自転車・バイクにてお越しの方は、本館または別館の駐輪場・バイク置き場(無料)をご利用ください
※敷地内コインパーキングの駐車台数には限りがございます。岡崎公園駐車場・みやこめっせ駐車場(有料)や近隣のコインパーキングをご利用ください。
※可能な限り、公共交通機関のご利用をお願いいたします。
ホームページ https://kyotocity-kyocera.museum

その他注意事項など

※ 車椅子による見学:可 ※京都市京セラ美術館の入館は、当面の間事前予約制(定員有)となっています。予約方法・詳細は京都市京セラ美術館のWebサイトをご確認ください。

展覧会

アートイベント

過去の展覧会