洛北

京都造形芸術大学 エントランスラウンジ

企画展や学園祭、卒業制作展の会場として活用されている、京都造形芸術大学 人間館1階に位置する企画スペースです。
芸術的創造の表現の場であることを活かし、また学園の使命として、社会における人間の役割を常に思考し、またその役割を担うことができる人材を育成する場となることを目指しています。

※写真は「伊東豊雄:Cave of Books(本の洞窟)」展示風景(Photo:Osamu Watanabe)

EXPANSION EXHIBITION

期間:2019/10/01~2019/10/09

京都造形芸術大学 ULTRA FACTORYの拡張計画から始まった、領域横断型プロジェクト EXPANSIONの成果展です。2016年から3年に及ぶ取り組みの成果を通し、領域の開発や新しい学びを促すことを、展示を通して試みます。EXPANSIONプロジェクトの最後を飾る展示、ぜひご高覧ください。

Nishijin Sky:テレジータ・フェルナンデス+細尾

期間:2014/10/02~2015/01/16

アメリカの現代美術家、テレジータ・フェルナンデス氏と、京都西陣織の老舗「細尾」12代目・細尾真孝氏によるコラボレーション展。細尾の誇る世界最先端の西陣織機を用い、フェルナンデス氏デザインの風景画を金襴緞子として織り上げ、立体彫刻として完成させます。ぜひご高覧ください。

杉本博司+京職人:メダカの学校

期間:2014/04/02~2014/08/28

現代美術家・杉本博司氏と、京都で活躍する職人たちによるコラボレーション展。杉本氏がディレクションを手がけ、京都の職人が制作した新作の彫刻作品を展示するほか、空間全体も作品として楽しめる内容となっています。現代美術と伝統技の出会いが生んだ美の世界を、ぜひご覧ください。

佐藤卓 展「ご自由に上がってお使いください。」

期間:2013/04/02~2013/08/29

「ロッテ キシリトールガム」「明治おいしい牛乳」などの商品デザインや教育番組のディレクションなど多方面で活躍する佐藤卓氏が、京都造形芸術大学エントランスラウンジのために考案した新作を発表。「畳」をテーマに、心を豊かにする展示空間を展開します。

内藤廣:18800 pieces 2012.6.13

期間:2012/10/02~2013/01/14

京都造形芸術大学1階のエントランス・ラウンジでの企画展第二弾。今回は世界的建築家・内藤廣氏による「祈りの場」が展示会場に出現します。東日本大震災以降、次世代へより良い社会を引き継ぐ大切さを考えさせられています。そのひとつの表明として作られる光とガラスのきらめきの空間が、人間と自然の共存という象徴的な美を 想起させます。

伊東豊雄:Cave of Books(本の洞窟)

期間:2012/04/10~2012/08/30

世界的に活躍する建築家・伊東豊雄氏の設計による、不思議な形の洞窟状の空間が京都造形芸術大学のエントランスラウンジに作り出されます。断面が格子状になっているその空間はまるでうねった本棚のよう。そんな「三次元の本棚」に哲学書から経済書まで、幅広い分野の本を取り揃えます。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗