1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 杉本家住宅
  5.  過去の展覧会

三条・四条

杉本家住宅

杉本家住宅は、京都の中心部にありながら、江戸以来の大店の構えをよく伝え、大規模町家の構成の典型を示している京町家です。建物全体にわたって、京大工の技量が遺憾なく発揮されており、技術性・意匠性ともに優れたものをもっています。
元治の大火(1864/蛤御門の変に際する大火。別名「どんどん焼け」)の際に一度焼失しましたが、その後明治3年(1868)に現在の建物が再建。その建築・文化的価値が高く評価され、焼け残った土蔵3棟とあわせて、平成2(1990)年の2月に京都市の有形文化財に指定されました。
現在、年中行事の公開や年三回の企画展を開催しているほか、その他様々な催しも随時開催されています。
⇒2010年4月16日、国の重要文化財に指定されました。

※公式ホームページ 財団法人 奈良屋記念杉本家保存会

特別一般公開「祇園会 屏風飾り展」

期間:2018/07/10~2018/07/23

杉本家住宅では、毎年祇園祭に合わせて、夏の特別一般公開を開催しています。
杉本家住宅の一般公開の魅力は、ガラスケースに収めたりレプリカ作品を展示するのではなく、京町家の座敷におあがりいただき、しつらえの中で作品をご鑑賞いただけることです。
当時の生活にタイムスリップしたような、リアルな疑似体験をお楽しみください。

春の特別一般公開「雛飾り」展

期間:2017/03/03~2017/03/19

杉本家住宅の今年の春の特別一般公開は「雛飾り」展を開催します。
杉本家に伝えられてきた人形と、9代目夫人の生家から寄贈された、享保雛や古今雛、男子・女子のの市松人形、有職雛と右近左近の両大臣、および桜と橘などのお雛飾りを展示します。ぜひご高覧ください。

秋の特別一般公開「京商家 杉本家に伝わる婚礼衣装展」

期間:2016/10/28~2016/11/06

2016年度の杉本家住宅 秋の特別一般公開では、杉本家が所蔵する江戸後期~明治中期までの婚礼衣装・諸道具などを展示します。総手縫い刺繍による豪華な婚礼衣装から、ハレの日を迎える家の雰囲気を感じ取っていただける内容です。この機会にぜひご高覧ください。

平成28年度 夏の特別一般公開

期間:2016/07/14~2016/07/24

杉本家住宅では、毎年祇園祭に合わせて、夏の特別一般公開を開催しています。今年は前祭にハレの日の、後祭に日常のしつらえをご覧頂けます。今に受け継がれてきた京文化と商家の暮らしをお楽しみください。※前祭期間中は杉本家住宅の「表の間」が「伯牙山(はくがやま)」のお会所として無料公開

夏の特別公開「祇園会 屏風飾り」展

期間:2015/07/14~2015/07/16

杉本家住宅では、毎年祇園祭の開催時に合わせて、夏の特別一般公開「屏風祭」を開催しています。祇園祭だけのしつらえ、今に受け継がれてきた京文化と商家の暮らしをお楽しみください。期間中は杉本家住宅の「表の間」が「伯牙山(はくがやま)」のお会所として無料公開されています。

重要文化財 杉本家住宅 秋の特別一般公開「暮らしをつむぐ」展

期間:2014/10/21~2014/10/26

2014年秋の杉本家の一般公開。今回は、暮らしのなかで用いられた民具をご紹介します。暮らしの様々なシーンで役立てられてきた桶や、障子の張替え道具、今では珍しい欄間箒、など…ちょっと懐かしい、そして今につながる身近な暮らしの道具たちをご覧下さい。会期中には日替わりでワークショップも。

夏の特別公開「祇園会 屏風飾り」展

期間:2014/07/14~2014/07/16

杉本家住宅では、毎年祇園祭の開催時に合わせて、夏の特別一般公開「屏風祭」を開催しています。祇園祭だけのしつらえ、今に受け継がれてきた京文化と商家の暮らしをお楽しみください。期間中は杉本家住宅の「表の間」が「伯牙山(はくがやま)」のお会所として無料公開されています。

杉本家住宅 春の特別一般公開 「端午の節句」展

期間:2014/04/29~2014/05/05

杉本家2014年度の春の一般公開。今回は「端午の節句」をテーマに、所蔵する貴重な人形飾りの数々を展示します。商家で好まれた神功皇后親子の静かな雰囲気の人形飾りのほか、伏見で好まれた勇ましい大将人形など...春から初夏へ移りゆく京都で、端午の床飾りをお楽しみください。

杉本家住宅 秋の特別一般公開「古文書からわかる杉本家の歴史」

期間:2013/11/05~2013/11/10

2013年秋の杉本家の一般公開。今回は元京呉服商ならや杉本家の270年あまりの歴史を、残された古文書などをもとに、様々な角度からひも解きます。公開中にはこれまでの調査結果をまとめた書籍『京呉服商 奈良屋杉本家270年のあゆみ』の販売も行われます。また、最終日には出版記念シンポジウムも開催されます(事前申込制)。

夏の特別公開「祇園会 屏風飾り」展

期間:2013/07/14~2013/07/16

杉本家住宅では、毎年祇園祭の開催時に合わせて、夏の特別一般公開「屏風祭」を開催しています。祇園祭だけのしつらえ、今に受け継がれてきた京文化と商家の暮らしをお楽しみください。期間中は杉本家住宅の「表の間」が「伯牙山(はくがやま)」のお会所として無料公開されています。

平成25年度春の特別一般公開 旧暦で祝う『上巳の節句 雛飾り』展

期間:2013/04/02~2013/04/07

現在、杉本家保存会が所蔵する人形は、杉本家に伝承されてきたものと当代夫人の生家から寄贈されたものです。貴重な江戸時代の享保雛や古今雛、有職雛など、どれも保存状態が良いものばかり。国の重要文化財の京町家と名勝に指定された庭をあわせ、京都のお雛飾りをお楽しみ下さい。

秋の特別一般公開「京商家270年の暮らしとあゆみ-奈良屋創業から今日まで-

期間:2012/11/20~2012/11/25

2012年秋の杉本家特別一般公開では、京都の商家として杉本家がこれまで歩んできた270年の歴史を、伝来の多彩な資料とこれまでの調査研究に基づいて振り返ります。創業記念日に行う床飾りの展示や、過去の貴重な写真・古文書資料、実際に使用された婚礼衣装などを交え、多角的に歴史をひも解きます。

夏の特別公開「祇園会 屏風飾り」展

期間:2012/07/14~2012/07/16

杉本家住宅では、毎年祇園祭の開催時に合わせて、夏の特別一般公開「屏風祭」を開催しています。今年は奈良屋創業の270周年、財団法人奈良屋杉本家保存会の20周年記念として、俵屋宗達「秋草図屏風」と熊代繍江「盧雁図」の屏風2点を同時展示。期間中は杉本家住宅の「表の間」が「伯牙山(はくがやま)」のお会所として無料公開となります。

杉本家住宅 春の特別一般公開 「端午の節句」展

期間:2012/05/01~2012/05/06

杉本家2012年度の春の一般公開。今回は「端午の節句」をテーマに、所蔵する貴重な人形飾りの数々を展示します。商家で好まれた神功皇后親子の静かな雰囲気の人形飾りのほか、伏見で好まれた対照的に勇ましい大将人形など...春から初夏へ移りゆく京都で、端午の床飾りをお楽しみください。

秋の特別一般公開 「商家に伝わるハレの日 報恩講仏間の御荘厳と婚礼の装い」

期間:2011/10/31~2011/11/03

重要文化財の京町家「杉本家住宅」秋の一般公開。今回は浄土真宗門徒にとって大切な行事「報恩講」とおめでたい婚礼の日の装いをご紹介。京都の商家に伝わるハレの日のたたずまいをこの機会に味わってみてください。(一般公開時は予約なしで見学可能です)

夏の特別一般公開「祇園会 屏風飾り」展

期間:2011/07/14~2011/07/16

杉本家住宅では、毎年祇園祭の開催時に合わせて、夏の特別一般公開「屏風祭」を開催しています。祇園祭の時のみに飾られる、貴重な屏風や諸道具類の数々。涼しげな氷柱が並ぶ夏の風情あふれる昔ながらの佇まい。今に受け継がれてきた京文化と商家の暮らしをお楽しみください。また、期間中は杉本家住宅の「表の間」が「伯牙山(はくがやま)」のお会所として無料公開されています。

平成23年度 春の特別一般公開 旧暦の「上巳の節句 雛飾り」展

期間:2011/03/29~2011/04/03

現在、杉本家保存会が所蔵する人形は、杉本家に伝承されてきたものと当代夫人の生家から寄贈されたものです。貴重な江戸時代の享保雛や古今雛、有職雛など、どれも保存状態が良いものばかり。国の重要文化財の京町家と名勝に指定された庭をあわせ、京都のお雛飾りをお楽しみ下さい。

「現代の伝統工芸品によるしつらえ」展

期間:2010/11/05~2010/11/07

明治時代に建てられた歴史ある室内空間に、京都の伝統工芸品の数々を「部屋のしつらえ」として展示。作品を楽しむだけでなく、空間全体の雰囲気を味わうことができる展示会になっています。京都に数多く伝わる、歴史ある伝統工芸品。その魅力を、京都ならではの空間・しつらえで味わってみて下さい。なお、会期中は杉本家住宅は無料公開となります。

秋の特別公開『ふだんの町家―日常使いの道具たち―』展

期間:2010/10/13~2010/10/17

国の重要文化財にも指定されている、京町家「杉本家住宅」の秋の特別公開。 町家に残る日々のくらし。女性の目線でとらえる日常使いの生活道具を展示いたします。
鏡台や裁縫道具、水屋道具など、現代の生活では見当たらなくなった日常道具類に焦点をあて、家族を思う女性の心使いや手仕事による「飾らないふだんの町家のくらし」を公開します。

夏の特別一般公開「祇園会 屏風祭」展

期間:2010/07/14~2010/07/16

杉本家住宅では、毎年祇園祭の開催時に合わせて、夏の特別一般公開「屏風祭」を開催しています。祇園祭の時のみに飾られる、貴重な屏風や諸道具類の数々。涼しげな氷柱が並ぶ夏の風情あふれる昔ながらの佇まい。今に受け継がれてきた京文化と商家の暮らしをお楽しみください。また、期間中は杉本家住宅の「表の間」が「伯牙山(はくがやま)」のお会所として無料公開されています。

パリ展帰国記念 東方彩夢 森田りえ子展

期間:2010/05/12~2010/05/24

現代の京都画壇で最も注目を集める女流画家・森田りえ子。昨春フランス・パリで開催され絶賛を浴びた展覧会の帰国記念となるこの展覧会では、金閣寺方丈杉戸絵として制作された「春夏秋冬」をはじめ、美しい舞妓さんを描いた「粧」や新作「KAWAII」など大作を中心に焼く50点を展示。華やかな色彩美と妖艶さを併せ持つ世界観をご堪能下さい。

杉本家住宅 春の特別一般公開 「端午の節句」展

期間:2010/04/29~2010/05/05

2010年度の春の特別一般公開は、杉本家の端午のお飾りを中心とした展示を行います。江戸後期~明治期の京商家の趣を良く伝える、杉本家伝来の端午節句のお飾りをはじめ、伏見にある当代当主夫人の生家より寄贈された加藤清正などの勇壮な武将人形、そして明治維新の時代が反映された、珍しい洋装の明治天皇の人形などを展示。初夏の訪れを感じさせる、京町家の端午の床飾りをお楽しみ下さい。

秋の特別一般公開 「報恩講 商家をささえた信仰」展

期間:2009/10/27~2009/11/05

代々西本願寺の門徒として、浄土真宗の教えに支えられ・それを守る暮らしが現代まで息づく杉本家。仏間には厨子が安置されていますが、その大きさからも、いかに「信仰」が大事にされてきたかをうかがい知ることができます。今回の特別公開では、真宗の門徒として家内で執り行われた「報恩講」の仏壇御荘厳を中心に、商家を支えてきた信仰の心と祈りに焦点を当てます。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗