1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 住友コレクション 泉屋博古館
  5. 春季企画展「中国文房具と煎茶―清風にふかれて」

春季企画展「中国文房具と煎茶―清風にふかれて」

2019/03/02 ~ 2019/05/06


【住友コレクション 泉屋博古館】

住友コレクション 泉屋博古館

泉屋博古館所蔵の住友コレクションの核を形成した15代当主・住友春翠(1864~1926)は、中国の文人趣味に憧れ、中国文房具を数多く収集しました。世の喧噪を煩い、自然の中で哲学や芸術について語らう生活を理想とする文人によって愛好されてきた文房具。彼らの書斎(文房)を清雅の境地へと昇華させた飾り道具は、「文房具」と総称され、現代の私たちが想像するいわゆる「ステーショナリー」の範疇を大きく超えるものでした。紙や墨、硯、筆などの筆器具はもちろん、青銅器や花瓶、数珠や瓢箪まで、多様な世界が広がります。

こうした中国の文人趣味は、江戸時代以降、煎茶の流行によって日本に広まりました。漢詩文への素養を基に中国文化に親しんだ近世の文人らは、煎茶を片手に交流を深めました。文人趣味と結びついた煎茶には清らかな精神が見いだされ、その理念は「清風」と形容されるようになります。その茶席を、文房具が清らかに彩ったのです。

近代になると、現在の展覧会のルーツとも言える、中国の古銅器や書画などの展観席が煎茶会に併設され、芸術鑑賞の在り方を大きく変えました。しかし、煎茶を愛する人々の文人に対する憧れに変わりはなく、住友春翠もその一人でした。彼が煎茶をきっかけに収集した美術品は、現在、泉屋博古館収蔵品の重要な柱となっています。

今回の展覧会では、春翠が楽しんだ近代の煎茶会のしつらえをイメージした展示によって、清風そよぐ文人の世界へ皆さまをいざないます。この機会にご高覧下さい。


CHECK POINT

【関連イベント】ワークショップ「超茶会 文人としての90分」

書斎茶の第一人者・佃一輝氏と専門家が、青銅器や中国絵画のデジタル画像をきっかけに、煎茶を楽しみながら気ままに芸術の話をいたします。
山紫水明の地・京都東山にて、江戸時代の文人や明治の関西実業家たちが集ったように、煎茶を味わい、美を語り合う場にご参加ください。

日時:2019年4月7日(日)14:00~
会場:泉屋博古館 休憩室・椅子席
料金:1,000円(煎茶実演・煎茶とお菓子付き)
定員:24名(要事前予約/3月2日よりお電話にて受付けいたします)

【講師】
佃一輝氏(一茶庵宗家)
佃梓央氏(一茶庵宗家嫡承)
橋爪節也氏(大阪大学総合学術博物館教授・近世、近代日本絵画史)
竹浪遠氏(京都市立芸術大学准教授・中国絵画史)
高井たかね氏(京都大学人文科学研究所助教・中国家具史)
小南一郎(泉屋博古館名誉館長・中国古代伝承文化史)
野地耕一郎(泉屋博古館分館長・近代日本絵画史)

【関連イベント】講演会「文人たちが見た夢-住友春翠を中心に-」

日時:2019年3月31日(日)14:00~
講師:外山潔(泉屋博古館上席研究員)
会場:泉屋博古館 講堂
定員:100名(先着順受付/事前予約不要/当日10:00より整理券配布)
料金:無料

【関連イベント】列品解説

「中国文房具と煎茶」展


日時:2019年4月14日(日)・29日(月・祝)14:00~
講師:竹嶋康平(泉屋博古館学芸員)
会場:泉屋博古館 展示室
料金:無料

青銅器館「中国青銅器の時代」展


日時:2019年4月20日(土)14:00~
講師:山本尭(泉屋博古館学芸員)
会場:泉屋博古館 青銅器館 展示室
料金:無料
※青銅器展は、ミュージアムガイドによる解説も行っています。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗