1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 清水三年坂美術館

祇園・東山

清水三年坂美術館

幕末・明治時代を中心とした七宝や金工・蒔絵・京薩摩などの工芸品の数々を常設展示している美術館。


日本の工芸品は皇室や武家、商人など数寄者の庇護の下発展、装飾技術は世界的にも類を見ないレベルに達し、万博に出品されると海外でも高い評価を受け、主要な貿易品ともなっていました。


館内では幕末から明治期にかけて活躍した帝室技芸員の作品をはじめ、無名作家の作品からも名品を選んで展示。一階では所蔵作品と合わせ道具や工程サンプルなどにより技法や制作過程が紹介され(一年単位で入替)、また二階では企画展が三ヶ月毎に開催されています。


また、ミュージアムショップでは館内に展示されているような、金工や七宝による小物、陶磁器や蒔絵などアートレベルの作品も購入可能。シルクロード・中央アジアの工芸品も取り扱っています。


陶芸や焼き物に興味のある方は、特集ページ「ひとつ上の陶芸体験」もあわせてご覧ください!

地図



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗