京都駅

龍谷ミュージアム

龍谷大学が創立370周年を記念して世界文化遺産である 西本願寺の向かいに開設した仏教総合博物館。
インドでの仏教の誕生からアジアへの広がり、日本での仏教の 展開までを視野に入れ、仏教に関する貴重な文化財を広く公開。 仏教文化への理解を深めてもらうとともに、学術研究を推進し、 その成果を社会に発信しています。
展覧会は、大学での研究成果をふまえた、実物展示にこだわった常設展のほか、年に数回程度、テーマを絞った特別展や企画展を開催します。

館内には中国・新疆ウイグル自治区にある「ベゼクリク石窟」の仏教壁画を原寸大で復元したスペース(右下写真)もあり、実際に石窟に入ったような体験ができます。 また、ミュージアムシアターでは、4K(フルハイビジョンの4倍以上)作品を上映。世界最高レベルの超高精細な動画映像が楽しめるのはここだけです。

【特集】京都ミュージアム紀行 Vol.4 「龍谷ミュージアム」

極楽への誘い ―練り供養をめぐる美術―

期間:2013/09/07~2013/10/20

人があの世に行く時は、極楽浄土から阿弥陀様がお迎えに来る、という考え方は、平安時代から広まりました。この様子を実演で表現した行事が「迎講」「練り供養」です。展覧会では、行事の道具や関係する仏像・仏画などの美術品を通し、行事がどのように阿弥陀来迎の様子を表現したかを探ります。

平山郁夫 悠久のシルクロード

期間:2013/04/20~2013/06/30

現代日本を代表する日本画家のひとり・平山郁夫画伯。彼は特に仏教やシルクロードを題材に、世界各地に取材した数々の大作を発表してきました。この展覧会では、平山画伯の数々の名画を通してその画業を振り返ると共に、優れたシルクロードの美術コレクションを併せてご紹介します。

若狭・多田寺の名宝~秘仏本尊・薬師三尊像初公開~

期間:2013/02/09~2013/04/07

「海のある奈良」とも称される若狭(福井県)小浜。なかでも多田寺は奈良時代から平安時代にかけて造立された若狭最古の木彫り像を祀る古刹です。この展覧会では、多田寺の秘仏本尊・薬師三尊像を寺外で初公開するほか、新発見の仏像・仏画を含め、多田寺に伝来した宝物のすべてが展観されます。素朴な中に力強さを秘めた仏像群の魅力をこの機会にご堪能ください。

特別展 「"絵解き"ってなぁに?-語り継がれる仏教絵画-」

期間:2012/10/13~2012/11/25

お釈迦様の一生から恐ろしい地獄の様子、お寺や神社のご利益などなど、日本人に多くのことを伝えてきた仏教絵画。これを読み解く「絵解き」をさまざまな作品を通じて多彩な角度から考える展覧会です。全国で受け継がれる「絵解き」の実演も!

特別展 仏教の来た道―シルクロード探検の旅―

期間:2012/04/28~2012/07/16

仏教伝播の道とそこに花開いた東西文化交流の精華を、大谷探検隊が日本にもたらした貴重な210余の資料で多角的に紹介します。
20世紀初頭に日本で初めて学術的にシルクロードにおける仏教伝来のルートを調査した組織である「大谷探検隊」関連品は初出品も含め124件。国指定の重要文化財も5件展示するなど見応え充分のこの特別展にご期待ください。

龍谷ミュージアム開館記念・親鸞聖人750回大遠忌法要記念特別展「釈尊と親鸞」第6期(全6期)

期間:2012/02/04~2012/03/25

「釈尊と親鸞」展は、龍谷ミュージアムの開館、および2011年の親鸞聖人750回の大遠忌法要を記念する展覧会です。改めて仏教の源流をたどり、釈尊や親鸞聖人の足跡に触れていただく機会とするため、仏教を開いた釈尊と、浄土真宗の開祖となった親鸞聖人について、それぞれ「仏」(生涯と足跡)、「法」(教え)、「僧」(教団とその後の展開)の3つの視点から紹介します。
約1年間・全6期の開催です。今回は第6期(最終期)となります。

龍谷ミュージアム開館記念・親鸞聖人750回大遠忌法要記念特別展「釈尊と親鸞」第5期(全6期)

期間:2011/12/10~2012/01/22

「釈尊と親鸞」展は、龍谷ミュージアムの開館、および2011年の親鸞聖人750回の大遠忌法要を記念する展覧会です。改めて仏教の源流をたどり、釈尊や親鸞聖人の足跡に触れていただく機会とするため、仏教を開いた釈尊と、浄土真宗の開祖となった親鸞聖人について、それぞれ「仏」(生涯と足跡)、「法」(教え)、「僧」(教団とその後の展開)の3つの視点から紹介します。
約1年間・全6期の開催です。今回は第5期となります。

龍谷ミュージアム開館記念・親鸞聖人750回大遠忌法要記念特別展「釈尊と親鸞」第4期(全6期)

期間:2011/10/08~2011/11/27

「釈尊と親鸞」展は、龍谷ミュージアムの開館、および2011年の親鸞聖人750回の大遠忌法要を記念する展覧会です。改めて仏教の源流をたどり、釈尊や親鸞聖人の足跡に触れていただく機会とするため、仏教を開いた釈尊と、浄土真宗の開祖となった親鸞聖人について、それぞれ「仏」(生涯と足跡)、「法」(教え)、「僧」(教団とその後の展開)の3つの視点から紹介します。
約1年間・全6期の開催です。今回は第4期となります。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗