1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 立命館大学国際平和ミュージアム
  5. 2019年度春季特別展 「よみがえる沖縄 1935」

2019年度春季特別展 「よみがえる沖縄 1935」

2019/04/13 ~ 2019/06/29


【立命館大学国際平和ミュージアム】

立命館大学国際平和ミュージアム

太平洋戦争末期、過酷な戦火にさらされた沖縄。その10年前、沖縄には人々の平和な暮らしがありました。にぎわう那覇の市場、のどかな軌道馬車、糸満の漁師たちが暮らす日常生活の一方で忍び寄る戦争の影―。朝日新聞の記者が1935年に撮影し、「海洋ニッポン」という記事に掲載した写真には、貴重な戦前の沖縄の営みが写し取られていました。約80年を経て、その沖縄で撮影された277コマのネガフィルムが大阪本社で見つかりました。この展覧会では、人工知能(AI)技術と住民の記憶によりカラー化した写真を含む厳選した約100点の写真に、朝日新聞・沖縄タイムスの共同取材時の解説を加え、「1935年の沖縄」を描き出します。

本展は2017年に日本新聞博物館で開催された展覧会の関西巡回ですが、立命館大学国際平和ミュージアムでの開催にあたり、当館所蔵の沖縄関連資料も展示します。
沖縄戦で一変した沖縄。戦前の沖縄の生活の中にも戦争の影響がひそみ、その後の沖縄と日本全体がたどった道とを合わせて考えることで、1935年以降、現代にも繋がる沖縄をめぐる問題に迫ります。

※この展覧会は、「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2019」のアソシエイテッド・プログラムです。

(主催:立命館大学国際平和ミュージアム、朝日新聞社、沖縄タイムス社)


CHECK POINT

【関連イベント】座談会&ギャラリートーク「ネガ発見秘話と記者たちの思い」

朝日新聞社・沖縄タイムス社の記者が、1935年の沖縄のネガ発見と取材の経緯を語り合います。
1935年当時の取材地と関係者を探しだし改めてお話を聞くことで、現代の風景とも対比させることができました。時を経た写真の持つ力と魅力をお伝えします。

日時:2019年4月27日(土)13:00~15:00
会場:立命館大学国際平和ミュージアム1階ロビー
定員:200名(予約不要)
料金:無料(ギャラリートーク参加の方は別途入館料が必要です)
登壇:清水隆氏(朝日新聞大阪本社フォトアーカイブ)
   吉田拓史氏(朝日新聞西部本社報道センター)
   堀川幸太郎氏(沖縄タイムス編集局社会部南部報道部)
   北村順生氏(コーディネイター/立命館大学映像学部映像学科准教授)

【イベント】映画『海の民 沖縄島物語』&『やぎの冒険』上映会

展覧会に関連して、1942年公開の国策映画『海の民 沖縄島物語』(※)と、2010年制作中学生(当時)が監督を務めた『やぎの冒険』の、沖縄を舞台にした映画2作を上映します。
※国立映画アーカイブ所蔵作品

日時:2019年5月7日(火)16:30~18:30
会場:立命館大学国際平和ミュージアム 衣笠キャンパス 平井嘉一郎記念図書館1階シアタールーム
料金:無料
定員:40名(先着順受付/予約不要)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗