1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都芸術センター
  5. のっぴきならない遊動:黒宮菜菜/二藤建人/若木くるみ

のっぴきならない遊動:黒宮菜菜/二藤建人/若木くるみ

2017/05/25 ~ 2017/07/02


【京都芸術センター】

京都芸術センター

京都芸術センターは2017年度より、アーティストとの連携を強化して創作・発表の場を広げるべくKAC TRIAL PROJECT / Co-programを始動しました。昨年12月に、カテゴリーA「共同制作」(公演事業)、カテゴリーB「共同開催」(展覧会事業)、カテゴリーC「共同実験」(リサーチ、レクチャー、ワークショップ等)、カテゴリーD「KAC セレクション」(舞台芸術の分野での発表に限定した支援)の4つの枠組みの中でプランを募集しました。今回はそのカテゴリーB(展覧会事業)にて選定した、京都を拠点に活動する黒宮菜菜による展覧会企画を開催します。

この展覧会は、ギャラリー北・南そして和室「明倫」と場所を拡張しながら行う、若手作家3名によるグループ展です。

展覧会のコンセプトは、黒宮の「人間はなぜ創作するのか」という素朴でありかつ根源的な問いから形作られています。
約10万年前にアフリカ大陸を出発した人類は、長い時をかけて4万8000年前頃までに現在のアジア地域まで拡散しました。人類が遊動してゆく中で生まれた祭祀や儀式といった活動が、現代に生きる私たちの創造と繋がっているとも考えられます。生存とは異なる次元で、表現することへの純粋な欲求を、私たち人類はもともと持ち得ていたのではないでしょうか。

今回出展する3名の作家は、人間の「身体」についてそれぞれ異なるアプローチで活動しています。
黒宮は人間の輪郭を描きながらも、滲みや暈かしを用いることで、むしろ身体そのものの存在を曖昧にしてゆく絵画表現を展開しています。シンメトリーの画面が宗教的な要素を連想させると同時に、明滅する液晶画面上のイメージのようでもあり、観る者の感覚を強かに揺さぶります。
二藤は、自身が直接世界に触れることを軸とした、新たな彫刻表現の可能性を追及しています。手触りや質量といった人や物質が存在することへの問いが、一見ユーモラスに、かつ切実に私たちの目前に投げかけられます。
自らの身体 を確固たる表現媒体とする若木は、世界各地のマラソンを走破することを実践の一つとしています。その記録映像には、作家なのかアスリートなのかといった議論が最初から吹き飛ぶような、祝祭性を帯びたしなやかな魅力があります。

彼らの創作に共通するのは、目の前の現実を各々の方法で咀嚼し、確かめようとする実直な姿勢です。そしてそれは、かつて遊動を始めた過去の人類にとっても、同じことだったのかもしれません。この瞬間が、10万年前から続いている今日だということを改めて実感する機会に、どうぞご期待ください。
 

出展作家

黒宮菜菜、二藤建人、若木くるみ


CHECK POINT

【関連イベント】レクチャー

日時:2017年6月17日(土) 19:30~21:00
会場:京都芸術センター ミーティングルーム2
登壇:関野吉晴(探検家・医師・武蔵野美術大学教授)
料金:無料(要事前申込)
※詳細・申込みについては展覧会公式ページをご確認ください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗