1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都芸術センター

三条・四条

京都芸術センター

京都市における芸術の総合的な振興、都市文化の創造拠点となることを目指して、2000年4月に開設された総合芸術施設です。
具体的には展覧会の開催は勿論、茶会、伝統芸能、音楽、演劇などの舞台公演や様々なワークショップといった多彩なイベントを開催。その他、芸術家・芸術関係者の発掘・育成や伝統芸能の継承を目指した先駆的事業を行っています。
また、若手アーティストの活動支援として、市民との交流を条件にした制作・練習の場の提供や、国内外のアーティストの支援を行う「アーティスト・イン・レジデンスプログラム」を実施しています。
京都の芸術・文化情報を提供するため、インフォメーション・情報コーナー・図書室・談話室も設けられています。

建物は昭和6年築の元明倫小学校を改修したもの。大広間や教室、廊下など、学校の雰囲気が随所に生かされています。
(右下の写真は展覧会「now here,nowhere」の展示風景/撮影:Tomas Svab)

施設内容

京都芸術センターには、造形作品の制作や劇の稽古などに使用できる「制作室」、展示や公演に使える講堂や大広間などのほか、京都の芸術・文化情報の提供・交流のための施設として情報コーナー・図書室などが設けられています。
図書室には京都の芸術・文化に関連する資料が5,500点。時期によっては資料の展示企画も行われています。

建物概要

建物は昭和6年に改築された番組小学校(京都の町衆によって建てられた日本最初の学区制小学校64校のこと)のひとつ「元明倫小学校」の建物をリユースしたもの。
戦前の番組小学校の特徴をそのまま残しており、自由な芸術活動を行えるよう配慮しつつ、外観や大広間、講堂や教室、廊下など、既存の施設をできる限り生かした改修がされています。平成20年には登録有形文化財として登録されました。
特に、学校の中に和室がある点は非常にユニークです。

地図

ホームページ



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗