1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 相国寺承天閣美術館
  5. 【延期】いのりの四季―仏教美術の精華

【延期】いのりの四季―仏教美術の精華

2020/11/01 ~ 2021/01/17


【相国寺承天閣美術館】

相国寺承天閣美術館

【作品画像】
(1) 《夢窓疎石頂相 自賛》 一幅 南北朝時代 相国寺蔵
(2) 重要文化財《竹林猿猴図屏風》長谷川等伯筆 六曲一双のうち右隻 桃山時代 相国寺蔵
(3) 《朝顔狗子図》円山応瑞筆 一幅 江戸時代 相国寺蔵
(4) 《釈迦十六善神像》原在中筆 一幅 江戸時代 相国寺蔵
(5) 重要文化財 《十六羅漢図》陸信忠筆 十六幅のうち 元時代 相国寺蔵


※新型コロナウイルス感染症拡大防止のための臨時休館にともない、会期が延期・変更となりました。
※詳細・関連イベントにつきましては、秋ごろに再度告知予定です。


相国寺は、1392年に室町幕府の三代将軍・足利義満によって創建された禅宗寺院です。室町時代から現在に至るまで、京都御所の北に寺域を有し続け、金閣寺・銀閣寺といった山外塔頭も独自の存在感を誇ってきました。

この600年、相国寺は京都にあり、変わらず祈りの場として四季が巡ってきました。相国寺ではとりわけ6月の観音懺法、そして10月の開山忌が盛大に執り行われます。その仏教儀礼は現在も厳修され、季節の移ろいを感じさせる年中行事としても、京の人々の心に刻まれてきたのです。

寺院に伝来する宝物は、それぞれ祈りの場で必要とされてきたものたちです。鑑賞するためではなく、仏を、祈りの場を荘厳(*1)するために求められた宗教芸術です。
今回の展覧会では、相国寺に連綿と続く仏教行事に焦点を当て、承天閣美術館に収蔵されている宝物がどのように各儀礼を荘厳してきたのかをご紹介します。展示される作品群は、相国寺に伝わる仏教美術の名宝の中でも選りすぐりのものばかり。中国・元時代に陸信忠によって描かれた重要文化財の十六羅漢図は十六幅全てを一挙公開する他、観音懺法で用いられ続けた後水尾天皇寄進の法具など、貴重な品々が並びます。また、普段開山堂に掲げられている扁額も展示室で特別展示を行います。
この機会に相国寺の誇る名宝の数々を、連綿と伝えられてきた祈りの文化とともにご高覧ください。

*1 仏教用語において、仏や菩薩などの徳を示す美しい姿や飾り。また、そのために仏堂や仏像などを美しく飾ること。


CHECK POINT

【関連イベント】「霜乃会」記念公演

様々なジャンルの古典文化芸能に携わるメンバーが集まった「霜乃会」による、それぞれの芸と個性を集結させた新感覚のパフォーマンス公演です。
展覧会を記念し「いのり」をテーマに、講談や落語、浪曲、能楽、茶道、文楽を一堂に公演します。

日時:2020年5月30日(土)《第1部》10:30~12:30/《第2部》13:30~15:30
演目:《第1部》浪曲:「比良八荒」 落語:「景清」 能楽・連吟:「船弁慶」
        仕舞:「船弁慶クセ」 仕舞:「船弁慶キリ」
   《第2部》講談:「那須余一」落語:「お血脈」
        文楽・素浄瑠璃:「壺坂観音霊験記 沢市内の段」
※茶道は1部・2部共に会場にて呈茶席を行います
会場:相国寺承天閣美術館
定員:各回80名(要事前予約)
料金:《各回》3,000円/《1部2部共通》5,000円
※お申し込み方法・詳細はイベント公式ページをご確認ください。

【関連イベント】講座「相国寺観音懺法と後水尾院」

日時:2020年6月6日(土)14:00~15:30(開場13:30)
講師:本多潤子(相国寺承天閣美術館学芸員)
会場:相国寺承天閣美術館
定員:80名(当日先着順受付)
料金:無料(当日の拝観券が必要です)

【関連イベント】ギャラリートーク

日時:2020年7月4日(土)14:00~
講師:本多潤子(相国寺承天閣美術館学芸員)
会場:相国寺承天閣美術館
料金:無料(当日の拝観券が必要です)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗