1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 細見美術館
  5. 明治150年・平成30年記念「京都の御大礼 -即位礼・大嘗祭と宮廷文化のみやび-」

明治150年・平成30年記念「京都の御大礼 -即位礼・大嘗祭と宮廷文化のみやび-」

2018/09/01 ~ 2018/10/08


【細見美術館】

細見美術館

平安建都の昔から歴代天皇が常住された「みやこ」(宮のある処)である京都。 皇位継承の儀式・祭事として重要な「即位式」と「大嘗祭」(あわせて「御大礼」)は、平安時代以来、この京都で磨きあげられた宮廷文化の精粋に他なりません。
この展覧会では、江戸時代以降の「御大礼」(即位礼と大嘗祭)を伝える貴重な史料、絵図、絵巻、屛風等々を展示。 さらに、大礼関係の建築や儀礼を再現したダイナミックな復元模型・装束などを陳列し、その全貌に迫ります。また、過去の御大礼の時期に京都で催されたイベントのポスターや京都の老舗料亭で出された祝宴料理のメニュー、ボンボニエールなどを通じ、御大礼の舞台となった京都の町や人々との深いかかわりについても、探ります。
普段は目にする機会の少ない宮廷儀式の世界を、この機会にご高覧ください。

※この展覧会は細見美術館と京都市美術館別館・みやこめっせ地下特別展示場の複数会場で開催いたします。
※会場により会期が異なりますのでご注意ください。

会場

細見美術館
会期:2018年9月1日(土)~10月8日(月・祝)

京都市美術館別館
会期:2018年9月1日(土)~15日(土)

みやこめっせ地下特別展示場
会期:2018年9月19日(水)~27日(木)
※京都市美術館別館の展示終了後の展示移動を含む


CHECK POINT

【関連イベント】特別講演会「“京都の御大礼”がもつ意義を考える」

皇位の継承に伴う即位礼と大嘗祭は、天皇が東京へ移られても、大正と昭和の両度、京都で実施されました。
その理由と当時の具体的な状況、それがもつ重大な意義を解き明かします。

日時:2018年9月19日(水)14:00~15:30
講師:所 功氏(本展実行委員長/京都宮廷文化研究所代表)
会場:京都市勧業館みやこめっせ 地下1階
定員:100名(先着順受付/事前申込不要)
※会場は細見美術館ではございませんのでご注意ください。
※参加に事前申込の必要はございませんが、当日は少し早めに会場へお越しください。
※お席の都合上、立ち見になる場合や入場いただけない可能性もございます。あしからずご了承ください。

【関連イベント】よみがえる味 大正大礼のおもてなし料理

大正天皇即位の際に振舞われた饗宴料理を再現してご提供します。
世界遺産二条城でトークショー&五節舞も披露いたします。

開催日:2018年9月16日(日)・17日(月・祝)
会場:西陣 魚新(ランチ)/美濃吉本店竹茂楼(ディナー)/ANAクラウンプラザホテル京都(ディナー)
※会場により提供されるメニュー、及び時間・プログラムの順番が異なります。
※全て事前申込制・先着順受付です。
※詳細は公式HPをご覧ください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗