横山華山展

2019/07/02 ~ 2019/08/17


【京都文化博物館】

京都文化博物館

横山華山(1781/4~1837)は、江戸時代後期に京都で活躍した絵師です。
華山は幼少の頃から曾我蕭白の絵に触れて独学し、岸駒に入門した後、呉春に私淑するなど、多くの流派の画法を身につけ、絵の幅を広げました。伝統や形式を重んじる諸画派には属さず、自由な画風と筆使いで人気を博し、その名声は江戸後期から少なくとも大正期まで、長きにわたり日本中に広がっていました。海外からもフェノロサをはじめ海外の著名なコレクターに早くから評価され、欧米の美術館に優品が多数所蔵されています。著名な画家を記した番付や、夏目漱石の作品にも名前が登場しています。

華山は人物画、花鳥画、山水図など幅広い画題に秀いでていましたが、なかでも風俗画や祭礼図は真骨頂で、細やかな描写に目が奪われます。その画風は息子、弟子たちにも受け継がれ「横山派」として京都画壇で独自の地位を築き上げました。しかしその作風の幅広さや自由な表現がかえって美術史の中では分類しづらく、また多くの優品が海外に渡り国内で目にする機会が減ったためか、大正期以降は次第にその名は忘れられていきました。

この展覧会では、上下巻あわせて30mにおよぶ晩年の大作《祇園祭礼図巻》を一挙に公開するほか、ボストン美術館や大英博物館に渡った海外の作品も里帰りします。曾我蕭白や弟子たちの作品もあわせた約120点で、華山の多彩な画業を系統立てて紹介する初めての回顧展です。かつて有名であったにも関わらず、忘れ去られてしまった画家の全貌を掘り起こし、その魅力に光を当てます。

※この展覧会は前後期制です。一部展示替えとなる作品がございます。
【前期】7月2日(火)~21日(日)【後期】7月23日(火)~8月17日(土)


CHECK POINT

【関連イベント】講演会

会場:京都文化博物館3Fフィルムシアター(定員150名)
料金:無料
※当日先着順受付。この展覧会の入場券(半券可)が別途必要です

①「《祇園祭礼図巻》と祇園祭の歴史」


日時:2019年7月6日(土)10:30~12:00
講師:吉田雅子氏(京都市立芸術大学教授)
 八反裕太郎⽒(本展監修・頴川美術館学芸員)
 橋本章(京都文化博物館学芸員)

②「忘れられた天才絵師」


日時:2019年7月13日(土)10:30~12:00
講師:森道彦氏(京都文化博物館学芸員)

③「京と東北をつなぐ紅花の⾵景」


日時:2019年8月10日(土)10:30~12:00
講師:土生和彦氏(宮城県美術館学芸員)

【関連イベント】「祇園祭宵山記念」特別観覧会

学芸員による《祇園祭礼図巻》の作品解説(約40分)後、貸切で特別観覧をしていただきます。
祇園祭の宵山にお出かけの前に展覧会をお楽しみください。

日時:2019年7月16日(火)17:30~19:45
会場:京都文化博物館 5階ミュージアムギャラリー、展示室
定員:80名
料金:1,600円(参加者の方には絵ハガキプレゼント付)
※チケットはセブンチケット・ローソンチケットでの販売となります

【関連イベント】学芸員によるギャラリートーク

日時:2019年7月19日(金)、26日(金)、8月2日(金)18:00~(約30分)
会場:京都文化博物館 展示室
※事前申込不要。当日の入場者の方のみご参加いただけます

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗