1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都文化博物館
  5. 特別展「いつだって猫展」

特別展「いつだって猫展」

2017/04/29 ~ 2017/06/11


【京都文化博物館】

京都文化博物館

【作品画像】
(1) 歌川広重 名所江戸百景 浅草田甫酉の町詣 安政4年(1857) 個人蔵
(2) 歌川国芳 猫の当字  かつを 天保14年(1843) 個人蔵
(3) 歌川国芳 流行猫の曲鞠 天保12年(1841) 個人蔵
(4) 歌川国芳 山海愛度図会七 ヲゝいたい 越中滑川大蛸 嘉永5年(1852) 個人蔵



古くから人の生活に深く寄り添ってきた動物、猫。愛らしい猫の姿は現代のみならず、昔から多くの物語や絵に表されてきました。特に、江戸時代後期には現代さながらの猫ブームが巻き起こり、歌舞伎や浮世絵の世界にも猫が登場しその世界を彩りました。

この展覧会では、歌川広重、歌川国芳といった現代でも知られる絵師による浮世絵をはじめ、招き猫や工芸品など、猫をモチーフとした多彩な品々を展示し、人々を熱狂させた江戸の猫ブームの諸相をご紹介します。
猫にまつわる物語やイメージは、可愛らしいものはもちろん、妖しいものや怖いものなどさまざまです。そこには、猫とともに歩んだ人々の生き方が多彩なかたちで込められています。

愛くるしい猫の魅力はいつの時代も変わらないもの。愛猫家の方はもちろん、そうでない方も、素敵な江戸猫たちの世界をお楽しみください。
 

【同時開催】「京都(うち)だって猫展」

京都には昔、飼っていた黒猫のことを日記に書いていた猫好きの天皇がいました。また、平安時代には内裏に従五位という高い身分をもった猫がいたり、江戸時代に猫の恩返しのおかげで復活した通称「猫寺」も京都にあります。他にも、招き猫の霊験を伝えるお寺や、狛犬ならぬ“こま猫”がいる神社、などなど…京都には猫にまつわる歴史や文化がたくさんあります。
この展覧会では、京都に伝わる猫のお話をいくつか紹介するとともに、京都府が所蔵する猫に関する美術工芸品や郷土玩具、郷土玩具収集家・朏健之助によるコレクションなどを公開します。京都に展開する「ネコわーるど」をぜひご堪能ください。

期間:2017年4月29日(土・祝)~6月18日(日)
会場:京都文化博物館 2階総合展示室
※特別展の入場料金にてあわせてご覧いただけます。(単体の場合は別料金となります)


CHECK POINT

【関連イベント】講演会「江戸の猫ブーム」

日時:2017年5月6日(土)10:30~12:00
講師:津田卓子氏(名古屋市博物館)
会場:京都文化博物館 3階フィルムシアター
定員:150名(先着順受付/要申込)
料金:無料(ただし、展覧会の入場券が別途必要です)
※申込は博物館ホームページ内のフォームからご連絡ください。
※参加の可否については後日連絡となります。お申込後1週間たっても連絡がない場合は、博物館にお問い合わせください。

【関連イベント】池田あきこ 講演会「ダヤンと私―好きなことを仕事にする―」

日時:2017年5月13日(土)10:30~12:00
講師:池田あきこ氏(画家・絵本作家)
会場:京都文化博物館 3階フィルムシアター
定員:160名(先着順受付/要申込)
料金:2,500円(展覧会入場券・グッズ付)
※参加チケットはファミリーマート、イープラスにて販売の専用前売券の購入が必要です。
※全席指定・席は選べません。
※定員に達し次第販売終了となります。

【関連イベント】学芸員によるギャラリートーク

日時:2017年5月5日(金・祝)14:00~/5月19日(金)18:00~/6月2日(金)18:00~
※各日30分程度
会場:展覧会会場内
料金:無料(事前申込不要/当日入場者に限る)

【関連イベント】うちの猫自慢

会期中、会場内出口付近にボードを設置。ご自慢の愛猫の写真を掲示できます。
写真をプリントしてお持ちください。

※ボードに貼りきれない場合、その周りの掲示となります。
※事前申込不要・参加無料(ただし、展覧会入場者に限ります)
※写真は返却不可となります。ご了承ください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗