1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. アサヒビール大山崎山荘美術館
  5. ウィリアム・モリス — デザインの軌跡

ウィリアム・モリス — デザインの軌跡

2018/04/21 ~ 2018/07/16


【アサヒビール大山崎山荘美術館】

アサヒビール大山崎山荘美術館

【作品画像】 photo © Brain Trust Inc.
(1)ウィリアム・モリス《いちご泥棒》1883年
(2)ウィリアム・モリス『ケルムコット・プレス設立趣意書』1898年
(3)ウォルター・クレイン『花のファンタジー 古きイングランドの庭にて』1899年
(4)《サセックスシリーズの肘掛け椅子》1860年頃


役に立たないものや、美しいと思わないものを、家に置いてはならない。

ウィリアム・モリス(1834-96)は、19世紀後半のイギリスで最も傑出した芸術家・思想家のひとりです。彼は詩人、作家、工芸家、社会運動家などさまざまな肩書を持ち、どの分野においても等しく情熱を注いで活動しました。
そんな数あるモリスの活動に置いて特に知られているものが、デザイナーとしての側面です。

産業革命により粗悪な大量生産製品があふれるなか、モリスは日々の労働が創造の喜びに包まれていた中世ギルド社会の再興をめざして、アーツ・アンド・クラフツ運動を先導しました。生活の芸術化を図るという構想のもと総合的な室内装飾を手がけ、理想的な書物制作のためケルムスコット・プレスを創設するなど、その活動は多岐にわたります。イギリスで起こった美術工芸革新の波は、やがて世界的なうねりとなり、後世に大きな影響を及ぼしました。モリスのデザインは多くの人に愛され、その創作の心は没後100年以上を経た現代においても、色あせることなく息づいています。

今回の展覧会では、壁紙、テキスタイル、椅子、出版物等主要なモリス作品と、同時代のデザイナーたちによる作品を合わせた56点を展覧し、美しいくらしを求めたモリスの生涯とそのデザインの歩みをご紹介します。この機会にぜひご覧ください。


CHECK POINT

【関連イベント】ギャラリートーク

学芸員が、展覧会の見どころを解説します。

日時:会期中の第2・第4土曜日(7月14日を除く)14:00~(約30分)
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 展示室
料金:無料(予約不要/ただし、美術館入館料は別途必要です)

【関連イベント】カフェ企画「ラ・フルール・セレクシヨン」

リーガロイヤルホテル京都が今回の展覧会のために考案した特製オリジナルケーキを、会期中限定で提供します。
今回は「桜と苺のケーキ」「バラとクランベリーのケーキ」の2種が登場します。

期間:展覧会会期中
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 2階喫茶室
料金:単品各550円/ドリンクセット各950円(税込価格/美術館入館料は別途必要です)
協力:リーガロイヤルホテル京都

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗