1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. アサヒビール大山崎山荘美術館
  5. 没後40年 バーナード・リーチ展 ― 山本爲三郎コレクションより

没後40年 バーナード・リーチ展 ― 山本爲三郎コレクションより

2019/03/21 ~ 2019/06/09


【アサヒビール大山崎山荘美術館】

アサヒビール大山崎山荘美術館

イギリス出身で日本の民藝運動とも深い関りを持った陶芸家バーナード・リーチ。その没後40年を記念する展覧会です。

当初は画家を目指していたリーチですが、日本で陶芸に出会い、その奥深さに魅了されます。また、民芸運動を提唱した柳宗悦や、運動の担い手となった河井寛次郎や濱田庄司とも交流を深めました。
日本で作陶を学んだリーチは、濱田を伴いイギリスのセント・アイヴスで困難の末に窯を築き、ここを拠点としました。以降もリーチは度々来日し、京都や益子(栃木県)などの窯を訪れては作陶を続け、日本やイギリス各地の伝統的な技法を自らの作品に取り入れて昇華させ、近代を代表する陶芸家となりました。

民藝運動を黎明期から篤く支援したことで知られるアサヒビール初代社長の山本爲三郎は、生涯に渡りリーチと親交を結びました。今回の展覧会では、山本家から寄贈され、開館以来アサヒビール大山崎山荘美術館所蔵品の軸である山本爲三郎コレクションを中心に、山本の自邸に建てられ初期民藝運動の拠点となった「三國荘」や、山本が大阪ロイヤルホテル(現・リーガロイヤルホテル(大阪))に開設した「リーチバー」ゆかりの作品、柳宗悦や民芸運動の作家たちの交流を示す貴重な作品を含む、約100点を一挙公開します。この機会にぜひご高覧ください。

【作品画像】
(1)《スリップウェアペリカン図大皿》 1930年  アサヒビール大山崎山荘美術館蔵
(2)《貼付文大注瓶》 1931年頃 アサヒビール大山崎山荘美術館蔵
©The Bernard Leach Family. All rights reserved, DACS & JASPAR 2019
G1654


CHECK POINT

【関連イベント】ギャラリートーク

アサヒビール大山崎山荘美術館学芸員が、展覧会の見どころを解説いたします。

日時:会期中の第2・第4土曜日 各日14:00~14:30
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 展示室
料金:無料(入館料は別途必要です)
※事前申込不要

【関連イベント】カフェ企画

展覧会期間中、喫茶室ではリーガロイヤルホテル京都が考案した、期間限定の特製スイーツを提供します。
今回はバーナード・リーチが、日本とイギリスを往来して作陶したことにちなみ、リーチが幼少期を過ごし陶芸と出会った地・日本をイメージした「抹茶×ゆず」と、リーチが育ち芸術を志した地・イギリスをイメージした「紅茶×レモン」の2種類のケーキが登場します。
この機会にご賞味ください。

期間:展覧会期間中
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 本館2階 喫茶室
料金:550円(単品税込/美術館入館料は別途必要です)
協力:リーガロイヤルホテル京都

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗