1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. ギャラリーから探す
  4. Photo Gallery Artisan Japanesque
  5. オノデラユキ 写真展

オノデラユキ 写真展

2018/10/31 ~ 2018/11/24


【Photo Gallery Artisan Japanesque】

Photo Gallery Artisan Japanesque

オノデラユキ(1962年東京生まれ)は1993年よりパリにアトリエを構え世界各地で活動を続ける写真家です。 数々の個展や展覧会を開催し、2003年には写真集『カメラキメラ』により、第28回木村伊兵衛賞を受賞し、さらに2006年にはフランスにおける最も権威ある写真賞「ニエプス賞」を受賞しました。 オノデラの作品は、既存の写真の概念に束縛されません。身体のない衣服をポートレートにする。カメラでカメラを撮影する。箱型カメラにビー玉を忍ばせる。彼女はその飽くなき探究心による創意工夫を通じて、何気ない事象を現代アートとして再構築します。その一方で、オノデラは写真と最も真摯に向き合う人物の一人とも言えます。写真を突き詰めた結果としての、反写真的な「小さなイタズラ」が生み出すイメージの世界が、その謎めいた魅力で私たちに日常への新しい視点を提示します。 本展では「アート・遊」ご協力のもと、『古着のポートレート』『Camera』『真珠のつくり方』の3シリーズよりオリジナルプリント約15点を展示いたします。
 

オノデラユキ

1962年東京生まれ。1993年よりパリにアトリエを構え世界各地で活動を続ける。 カメラの中にビー玉を入れて写真を撮影したり、事件や伝説からストーリーを組上げ、それに従って地球の裏側にまで撮影に行ったり、あらゆる手法で「写真とは何か」「写真で何ができるのか」という実験的な作品を数多く制作し、写真という枠組みに収まらないユニークなシリーズを発表。さらに自分自身で2m大の銀塩写真をプリントし、油絵の具を使ってモノクロ写真に着彩するなど、数々の独特な手仕事の技法でも知られる。 その作品はポンピドゥ・センターを始め、サンフランシスコ近代美術館、ポール・ゲッティ美術館、上海美術館、東京都写真美術館など世界各地の美術館にコレクションされている。 主な個展に国立国際美術館 (2005)、国立上海美術館 (2006)、東京都写真美術館 (2010)、ソウル写真美術館 (2010)、フランス国立ニエプス美術館 (2011) などがある。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗