1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. ギャラリーから探す
  4. ART OFFICE OZASA
  5. 個展 「Rebecca Salter 」

個展 「Rebecca Salter 」

2019/04/20 ~ 2019/05/18


【ART OFFICE OZASA】

ART OFFICE OZASA

レベッカ・ソルタ(Rebecca Salter)は、日本での約6年間の留学経験を持ち、現在は英ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツの学長を務めるイギリス出身の作家です。
1955年、英サセックスに生まれたレベッカは、ブリストル・ポリテクニック(現・西イングランド大学)を卒業後、20代半ばの頃に来日し、1979年から1981年までの2年間、京都市立芸術大学の研究生として学んでいます。日本滞在中には、版画家の黒崎彰に師事するなどして木版画を始めとする様々な日本の美について造詣を深めていき、約6年間に渡って、精力的に制作・発表を続けました。イギリスに帰国後も、世界各国で展示や滞在制作などの活動をする一方で、2001年、2006年には日本の木版画を題材とした著書も出版しています。
本展覧会では、レベッカの特徴でもある綿やリネンを用いたドローイング作品やペーパーワークなど10点余りを展示致します。今も尚、作家に多くの影響を与え続けている日本、最初に日本の美について学んだ京都の地で、レベッカの作品をご覧頂ける貴重な展覧会となります。

【作品画像】
(1)「Untitled AK18」   2017年 ミクストメディア、綿モスリン、リネン 45 x 50 cm 
(2)「Untitled AD18」   2012年 ミクストメディア、リネン 95 x 105 cm 

※この展覧会に先立ち、東京/赤坂のGALLERY RINにて、レベッカ・ソルタの展覧会を4月9日~27日の日程にて開催しています。こちらも併せてご高覧ください。→ 詳細はこちら
 

レベッカ・ソルタ

ブリストル工科大学芸術学部卒業(1977年)、京都市立芸術大学研究奨学生(レバハム奨学金)(1979-81年)、日本にて在住、制作活動(1981-85年)、ロンドンにて在住、制作活動(1985年-)、ポロック・クラーズナー財団賞 受賞(1995年)。主な活動に「Japanese Woodblock Printing」(日本の木版画について)をA&C Black社&ハワイ大学より出版(2001年)。カンバーウェイカレッジオブアート(Camberwell College of Arts)研究員(2002-2011年)アーティスト イン レジデンス(コネチカット州) ジョセフ・アンド・アニー・アルバース財団賞、ポロック・クレズナー財団賞 受賞(2003年)。「Japanese Popular Prints」(日本の木版画) をA&C Black社&ハワイ大学より出版。(2006年)。アーティスト イン レジデンス(コネチカット州) ジョセフ・アンド・アニー・アルバース財団(2011年)。ロイヤル・アカデミー賞 受賞 ロフォーテン諸島/ノルウェー(2014年)などがある。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗