1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. ギャラリーから探す
  4. Gallery PARC
  5. air scape/location hunting 2017|ヤマガミユキヒロ 展

air scape/location hunting 2017|ヤマガミユキヒロ 展

2017/10/10 ~ 2017/11/05


【Gallery PARC】

Gallery PARC

Gallery PARCの移転後初の展覧会として、大阪出身のアーティスト・ヤマガミユキヒロによる個展を開催します。

2000年に京都精華大学美術学部を卒業したヤマガミユキヒロは、「キャンバス・プロジェクション」という独自の手法による作品を展開しています。その作品は、綿密なリサーチにより選び出したロケーションから、建築や構造物を鉛筆で丹念に描画した風景画(絵画)に、同一視点から撮影した風景(映像)をプロジェクターにより投影するものです。幾度も取材を重ねて撮影した朝昼夜や春夏秋冬の光と色彩の変化、流れる雲や行き交う人々などの「時の流れ」が重ねられたとき、ある一瞬を描きとどめたモノクロの世界にうつろう時間が流れはじめます。

2003年よりこの手法による作品展開に取り組んでいるヤマガミは、これまでに東京・大阪・兵庫・京都などをはじめ、作品制作・発表の機会ごとに訪れた各地で、対象となるロケーションを選び出し、おもに大作として作品化してきました。しかし、それぞれの作品化にあたっては、現地で様々な場所を巡り、ドローイングを制作し、また実際にカメラを回してその場所の時間経過によるうつろいの様を観察するという、膨大なロケーション・ハンティングの段階があります。

今回の展覧会では、「location hunting 2017」として、2012年に発表したヤマガミの代表作のひとつでもある《 東京駅の眺望 》をはじめとする一連の「キャンバス・プロジェクション」作品に加え、各地を取材する中で制作したドローイングを含むおよそ25点を一堂に展示いたします。ひとつのテーマに集約されることのない風景の断片が集積され、プロジェクションによってそれぞれにうつろう時間が重ねられることで、個別の風景・個別の物語が「時間」によって繋がる体験を創出します。また、これは近年のヤマガミの活動にともなうロードムービー的な側面を持ったスピンオフ作品の展示であり、2015年でのGallery PARCでの展覧会「Noises,Crowds,and Silent Airs」や、2016年でのあまらぶアートラボ A-Labでの展覧会「まちの中の時間」で試みた展示のブラッシュアップバージョンとなります。

また、2階と4階を展示スペースとする新たなGallery PARCの構造を活かし、4階には「air scape」として《 六甲山からの眺望 》や《 Noises Crowds and Silent Airs 》など、「空の表情」に着目した過去作品を構成します。
それぞれの作品(風景)が見せるうつろいを眺めるうち、いつしかそれらが「空」で繋がり、より大きな風景を想うことができるのではないでしょうか。ぜひご高覧ください。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗