1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. ギャラリーから探す
  4. Gallery PARC
  5. 地に還る│地から足を離す:小出麻代

地に還る│地から足を離す:小出麻代

2018/09/28 ~ 2018/10/14


【Gallery PARC】

Gallery PARC

2007年に京都精華大学芸術学部造形学科版画専攻卒業、2009年に同大学大学院芸術研究科博士前期課程版画分野修了した小出麻代(こいで・まよ/1983年・大阪生まれ)は、おもにインスタレーション作品として、シルクスクリーンや写真などのプリント、型抜き成型したシリコンによるオブジェクトなどとともに、ガラス、鏡、電球、糸、紙、落ち葉、枝、石など、私たちの身の回りで目に触れ・手に触れる素材を空間に配します。小出の「つくったもの」と「みつけたもの」は、自身の記憶や体験を出発点に展示空間内に点・線として配されます。その素材・形態・位置・距離・在り方など鑑賞者の様々な焦点によって関係性を見出され、個々の「風景」として、あるいは鑑賞者の記憶や想像を依り代とした「情景」として立ち現れます。

また、小出はそれらが見出され、呼び出されるための十分な「間」を取ることに注意を払いながら、空間内に「もの」を丁寧に配置しますが、近年では光(と影)、あるいは鏡(と虚像)などによって生じる関係を用いることで、ものと鑑賞者と空間のそれぞれが出会い(すれ違う)「瞬間」を内包させることにも意識を向けているように思えます。また、空間や素材への意識はそれぞれが含み持つ「歴史」(時間)への眼差しとして、近年では土地やものを始点としたリサーチにも積極的に取り組んでいます。

「自分がどう生きていくか、どう生きていけるか」を考え続ける中で、「豊かさとは何か」について興味を強くした小出は、様々な場所・土地を訪れ、多くの人々と出会うことに積極的に取り組んでおり、そのひとつの機会として2018年の夏の1ヶ月、ポートランド(アメリカ)でのレジデンスに参加しました。短い滞在の中で小出は、ポートランドの人々の暮らしの中に様々な発見を積み重ねますが、その中のひとつとして、ポートランドには古くから多くの日本人が移住し、日本人町(Japanese town)が建設されていたこと、第二次世界大戦時に多くの日系人がトランクひとつの荷物だけで収容所に集められ、そこでの暮らしを余儀なくされたこと、彼らが収容所で支給された木材を使って机や椅子、ベッドやタンスなどの家具をつくったこと、またその中には彫刻や絵画などもあったこと、戦後に自由となったものの、財産のほとんどを持たなかった彼らが再び暮らしを取り戻すまでの日々を、その一部ながらも知ることになりました。

小出は本展に寄せた手紙の中で『手を動かし続けることは、祈ることと似ている』と言っています。
手を動かすことで今日を明日に繋ぎ、より良い明日を想い・願い・祈り、なにより「つくる」ために手を動かしたであろう彼らと同様に、小出も自ら手を動かすことで自身の「生きること」を模索します。

自然光の変化によって、「見えるもの / 見えないもの」が昼夜に様相を変化させる本展において、皆様にもそれぞれの豊かさを見つけ出していただければ幸いです。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗