1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. ギャラリーから探す
  4. eN arts
  5. showcase #6 「引用の物語」

showcase #6 「引用の物語」

2017/05/05 ~ 2017/05/28


【eN arts】

eN arts

2012年から開催されている、写真評論家・清水穣氏のキュレーションによる現代若手写真家の作品で構成したグループ写真展です。シリーズ6回目となる今回は、金サジ・三田健志の2名による作品をご紹介します。

テーマは「語り(narrative)」。
写真は言葉に対して無防備であるがゆえに、絶対的に中立的です。どんな平凡な風景写 真でも、「暴走事故で幼い命が犠牲になった場所」…などと書き添えれば、その平凡さ こそが切ないオーラとなって写真を覆うでしょう。ありきたりの人物写真、でも「撮影 時すでに末期癌だった」…などと聞けば見えるはずもない運命の予兆をその表情の上に 探してしまう。しかし、後付けの物語は写真の見方には影響しても、写真自体を変化させはしません。写真が言葉に染まることはなく、写真は饒舌な語り部の道具にはならないのです。

他方で、風景写真であれ人物写真であれ、ただ見ているだけでさまざまな連想が浮かんで、断片的な物語を次々と招き寄せるような写真が存在します。物語は外から写真に付 け加えられるのではなく、写真のなかの豊かな細部が、写真を見る私たちの記憶や経験 を刺激して、物語を引き出すのです。

今回は様々なところから、既視感のあるモチーフを引いてきて組み合わせることで、「narrative」 な写真を展開する作家のなかから、異なる二つの才能として、今回は金サジと三田健志 を選びました。

金サジは2016年度キヤノン写真新世紀グランプリ受賞作「STORY」と、それを準備したスナップショットのシリーズを展示します。画家ホルバインを思わせる精緻で美しい細部に満ちた、広い意味で―対象が人間に限定されない肖像作品です。そのフォーマットは常に「対峙」であり、被写体と写真家は正対しています。

一方の三田健志は、インターネット上で入手可能な大自然のイメージをプリントアウトし、それを画像の凹凸に合わせて実際に折り曲げ、そうして作られた立体的風景を舞台の書き割りのように見なして、そこへさら に別のイメージ —旅行者、冒険家— を挿入し、全体を1つの風景写真として再撮影し ます。

この機会にぜひご高覧ください。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗