LINES

2019/11/08 ~ 2019/12/01


【eN arts】

eN arts

3名の作家によるグループ展です。

タイトルの「LINES」は、イギリスの社会人類学者ティム・インゴルド氏の著書『LINES: A Brief History by Tim Ingold (和訳:ラインズ:線の文化史)』からの引用です。インゴルド氏はカテゴライズされた狭義の文化人類学に留まらず、歩くこと、織ること、観察すること、物語ること、歌うこと、描くこと、書くこと…我々が生きていく中で行うことは全て「線」に沿って進んでいるということに着眼し、人類学や考古学、建築学、芸術などの領域を「線」という共通項で考察することによりそれらの領域を縦横無尽に往き来し、「生きること」「つくること」の根源的意味を問い続けます。

インゴルド氏が提唱するほどの大儀ではありませんが、提唱しているほどの大儀ではありませんが、私自身 現代美術に関わりながら、絵画・彫刻・版画・写真・映像・パフォーマンス・舞台・音楽・伝統工芸・建築・ファッション・家具 等々がそれぞれのLINEを越境し「互いに高め合う」ことを理想として参りました。今から12年前、築約100年の料亭が 建築家 吉川弥志氏の手により現代美術画廊 eN artsに生まれかわりました。古い日本建築の良さを残しながら現代美術を発表することができる懐の深い建築物と今を生きるアーティストたちの最新作…両者が織りなす「線」の交わりあいが 私の理想とするところに少しでも近づければという願いを持って本展を企画致しました。 是非御高覧下さい。(Naomi Rowe/eN arts)

***
 

出展作家

■ リー・エドワーズ
ロンドン在住。鉛筆で線を「draw (引く)」ことによりモチーフの立体性、素材感、風合いに至るまで表現します。今回は、この展覧会のために制作した線描画を出展します。

■ 西村涼
ドライポイントで、線を「彫る」ことにより様々な事象を作品化しています。版画の世界では、かつて見たことのない独自の世界観を表現する版画家です。今回の展覧会では最新作を発表します。

■ 白子勝之
木や板から線を「削り出し」漆や顔料という日本的な素材を施すことにより独特の彫刻作品を創作。今回の展覧会では最新作を発表します。

※各作家の詳細・ステートメントについては展覧会公式ページをご確認ください。

 


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗