1. 京都で遊ぼうART
  2. Report & Review
  3. licoluiseさんの記事一覧

Report & Review ボランティアライター・ブロガーの皆様からお寄せいただきました
レビュー・レポートを掲載しています。

ボランティアライター・ブロガーとは

licoluiseさんの記事一覧

京都では、30年ぶりに東山魁夷の大回顧展が開催中です。 戦後の昭和期の「国民的風景画家」と呼ばれ、昭和期には誰もが知る日本画家です。 そうしてもう一つの展覧会が佐川美術館で開催されています。『生誕110年 田中一村展』です。「田中一村」展が巡回するのかと、お盆に出かけていきました。(9/17まで)東山魁夷展に出かけた後、大矢鞆音著『もっと知りたい 田中一村 作品と生涯』を読...

続きを読む

開幕から18日目で累計入場者数が5万人に達したそうです。やはり「横山大観」は人を呼べる、国民的画家です。7月3日(火)から後期展示がスタートしています。   わが家で1980年に京都市美術館で開催された図録を発掘しました。そして2012年に美術館「えき」KYOTOであった足立美術館所蔵の大観展にも出かけました。   明治元年水戸藩に生まれた大観の生誕...

続きを読む

2017年12月に、京都国立近代美術館の新たな取り組み、 「感覚をひらく―新たな美術鑑賞プログラム創造推進事業(注①)」の第2回フォーラムに参加してきました。(注②)   点字にもなっているこのチラシがとっても素敵ですね。 見える人と見えない人が同じ場所で、見えない人は見えないという立場で、見える人は見えているという事実も含めて、一緒に同じ作品を鑑賞体験し、その感想を...

続きを読む

国宝展もⅡ期となりました。この時期の一番のお目当てはあれですね。《大徳寺 龍光院 曜変天目》です。 Ⅰ期に続き、Ⅱ期も行ってきました。静嘉堂文庫や藤田美術館の「曜変天目」は目にしたことがあるが、龍光院さんの「曜変天目」を目にする機会がなかった。最初の記者発表では、龍光院の「曜変天目」はリストに入っていませんでしたが、最終的にはリストに!  まず、ここでおさらい。「国宝」...

続きを読む

祇園で草間彌生を体感する。

投稿:2017年8月31日

祇園の花見小路に美術館が出来たそうな。と耳にしたのはいつの頃だったかしら?それも日本画でなく、現代アートの美術館で、草間彌生のカボチャの写真を目にしました。 気になっていたが、やっと出かけたのは8月の初めごろでした。 花見小路に入ってドンツキが「建仁寺」、そのちょっと手前の左手、なんと祇園甲部歌舞練場の中の「八坂倶楽部」という純日本建築が「フォーエバー現代美術館」としてプレオープンしてい...

続きを読む

美術館「えき」KYOTOで開催されている暁斎展のギャラリートークに参加してきました。 「河鍋暁斎」は、幕末から維新の動乱期を体験し、文明開化の明治を生きた絵師です。私が「河鍋暁斎」の存在を理解したのは2008年に京都国立博物館で開催された『特別展覧会 没後120年記念 絵画の冒険者 暁斎Kyosai -近代へ架ける橋-』です。強烈なインパクトが記憶に残っています。 今回の展覧会の作...

続きを読む

お友だちに教えて頂き、『仲條正義 IN & OUT,あるいは飲&嘔吐』@京都dddギャラリーの仲條正義氏×美術史家の山下裕二氏 対談 に参加してきました。 会場は若い方が多くて、またいかにもデザイン関係のお仕事をされているなぁという方も多くおみえで、大盛況でした。私が知らないだけで「仲條正義氏」はグラフィックデザイナー界では重鎮中の重鎮なのですね。参加者のほとんどは、...

続きを読む

東京都美術館で開催された大規模な「若冲展」もあってか、ここのところ若冲ブームが再燃しているのを感じます。 TVでも、「日曜美術館」、「美の巨人たち」そして「ぶらぶら美術館博物館」(5/21)などなども取り上げており、それらの中で「石峰寺」も映像でもよく見るようになりました。最近もNHKBSで貫地谷しほりさんが出かけておられました。   若冲に関連した特別展も多く、また「若冲がと...

続きを読む

「北大路魯山人の美 和食の天才」@京都国立近美術館 http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2015/408.html キーワードは「器は料理の着物」 〈和食〉のユネスコ無形文化遺産登録を記念した京都ならではの企画展です。 「魯山人」美食家と魯山人の器はよーくよーく耳にします。が、まとめて観たことはなかったので会期末に...

続きを読む

6月、京都に行ってきました。久々の承天閣美術館です。 相国寺と云えば"若冲"ですが、今年の京都は「琳派400年」ということで、こちらでも琳派です。 入っていきなり「光悦の赤楽茶碗 加賀」おっー!!テンション上がります。 そして仁清の綺麗な京焼を観たりして。 本日のお目当ては「蔦の細道図屏風」烏丸光広賛 俵屋宗達筆 http://www.asah...

続きを読む

1  2  3  4


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗