1. 京都で遊ぼうART
  2. Report & Review

Report & Review ボランティアライター・ブロガーの皆様からお寄せいただきました
レビュー・レポートを掲載しています。

ボランティアライター・ブロガーとは

虹の会 虹の会さん

春の院展2018

投稿:2018年7月 2日


春の院展が今年も終了しました。 平山郁夫先生が頑張っておられたころは、初日に必ず説明解説を聞いて楽しんでいたのですが、近年は知人の作品だけ観て帰るようになりました。昔に比べるとワクワクどきどきがなくなった気がします。 北浜の三越や大阪伊勢丹で親子作品を見比べる試みなども行われていたのですが、今回は最終日2時間前でもあまり込み合っておらず、マンネリ化で美術ファンの足が遠のいてしまったので...

続きを読む

真夏のような暑さの中、烏丸御池近くのギャラリーPARCへ行ってきました。 むらたちひろさんの展示「境界の渉り」が開催されていました。 テキスタイルでの表現で、染まる現象に注目した作品でした。 2階のフロアでは、絵画のような作品が展示されていました。白い布に置かれた染料が、丸く広がっていくところに、糊を使って一部の広がりをコントロールすることで、境界が示されていました。 3階のイ...

続きを読む

梅雨の晴れ間の日曜日に、阪急電車に揺られて、アサヒビール大山崎山荘美術館へ行って来ました。 展覧会「ウィリアム・モリスーデザインの軌跡」が7月16日(月)まで開催されています。 ちょうど大山崎駅前に送迎バスが来ていて、山荘入口までの急な坂道を運んでもらいました。 入口のレトロなトンネルをくぐって、緑豊かな楓の道をしばらく歩きますと、チューダー・ゴシック様式のどっしり...

続きを読む

チケットをいただけたので、足を運びました。 ロック好きにはたまらないCDやレコードのジャケットが所狭しと壁面を埋め尽くしていました。 何より自動ドアから会場に入るなり、軽やかな音楽がガンガン響いており、巡るのは苦になりませんでした。 目が留まったのは、お笑いタレントの小藪千豊さんがロッカーでもあったこと。 他にも、知っている人には懐かしくそうでない人には新鮮な展示が多かったです...

続きを読む

京都国立近代美術館で開催されている横山大観展。 前期は7月1日まで、後期は7月3日~22日に行われます。 なかでも、東京国立近代美術館が所蔵している「生々流転」は、40mもあるため、今回全長18mもの展示ケースを用意し、~6月24日、6月26日~7月10日、~7月22日の3期に分けての展示となります。 水の一生、四季、一日の流転が楽しめます。 特に日本画は長期間展示ができないため、...

続きを読む

障碍の在る方の作品展・天才アート企画展を、ボランティアで、 参加致しました。 会期は、もう終わってますが、「堀川御池ギャラリー」で、 5/18-5/27 の間、開催されました。 今回は、大柳 憲一さんと、土屋 彰男さんの2人展。 2つの部屋に、力作が、展示されてました。 28枚の写真を、アルバムに、編集致してます。 下記を、クリックして、ご覧ください。 http://kyot...

続きを読む

mico micoさん

藤森神社へ。

投稿:2018年6月15日


6月10日日曜日の静かな雨の中、京阪電車にポンと乗って、藤森神社の紫陽花苑へ行ってきました。墨染駅から徒歩7分程で神社に到着しました。   境内には2箇所の美しい紫陽花の園が広がります。3500株もあるそうです。入り口でお札のような美しい入場券を購入して、迷路のような緑に覆われた通路を進みます。私の小さな姿は隠れてしまうほどに、紫陽花が大きく育っていました。...

続きを読む

京セラ美術館で開催されている春季特別展を、ボランティアでお手伝いしました。 京阪電車の情報誌「K PRESS」の表紙のイラストを2006年から担当されている水彩画の作者・黒岩多貴子さんの作品展、今回は、その表紙画を中心に、 京都の代表的風景を描いた、水彩画が展示されてます。 7月1日まで開催されています。 15枚の写真を、アルバムに編集致しております。 下記をクリックしてご覧...

続きを読む

7月1日まで、伏見の京セラ本社1階にある京セラ美術館で、イラストレーター黒岩多貴子さんの個展が開催されています。 京セラでは、ここに本社ビルを建てられた時から地域に貢献したい、という考えで年数回、無料で展覧会を開催されています。今回はその一環で開催された者です。 京阪電車の情報誌「K PRESS」の表紙の水彩画の展覧会、といえば、京都の人なら一度は目にしたことがあると思います。京都...

続きを読む

細見美術館では、京都新聞のトマトクラブ会員カードで年数回無料になる企画展があるのですが、なかなか新聞で告知されないのが難点です。何とか知る方法を教えていただければ嬉しいです。 今回行ったラルティーグコレクション展は招待券をいただいてギリギリですが滑りこんできました。 動きがあり生き生き飛び跳ねる動物たちのかわいらしいこと。 元が古いネガフィルムを使っているので、リヴァーサルまたは財団...

続きを読む

前へ 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗