1. 京都で遊ぼうART
  2. Report & Review

Report & Review ボランティアライター・ブロガーの皆様からお寄せいただきました
レビュー・レポートを掲載しています。

ボランティアライター・ブロガーとは

立命館大学国際平和ミュージアムでは、12月23日まで「儀間比呂志版画展」が開催されています。 作者の名前は知らなくても、「儀間」という名字からは沖縄を連想できます。 今回は三重県で美術教諭をされていた奥田豊さんという方のコレクション68点が展示されていました。奥田さんは2年前に、そして儀間さんも今年の4月に亡くなられたということですが、二人の平和への思いがひしひしと伝わる、力強い版画展でし...

続きを読む

木島櫻谷の世界を紹介する展示企画が、京都市内3か所で開催されています。 そのひとつ、京都文化博物館の2階展示室では、平成28年に京都府に寄贈された大橋家旧蔵の木島櫻谷関連資料を中心に展示されていました。 大橋家は、木島櫻谷が生まれ育った三条室町の近くにあった家で、昔から櫻谷と交流を持っていました。 例えば、京都画壇の画家・今尾景年の作品「安宅関図」。今尾景年は櫻谷と同じく三条室町の町...

続きを読む

明治大正昭和に活躍した日本画家・木島櫻谷の生誕140年記念特別展が、泉屋博古館え12月3日まで開催されています。 櫻谷の旧宅である衣笠の櫻谷文庫で竹竿に巻かれて姿で見つかった「かりくら」という作品を目当てに行ってきました。この作品は1910年の第4回文展に出品されたもので、翌年ローマ万国博覧会に展示された後に行方不明となり、この度100年ぶりに発見された者です。 さすが櫻谷は動物画家と...

続きを読む

虹の会 虹の会さん

岡本神草の時代展

投稿:2017年11月27日


京都国立近代美術館では、12月10日まで「岡本神草の時代展」を開催しています。 岡本神草の名前を聞いてもピンとこない人が多いかと思いますが、「3人の舞妓を描いた絵が展覧会に間に合わないため、仕上げた中央の一部分だけを切って展示した人」といえば、ご存知の方もいるかと思います。 彼の京都市立絵画専門学校の卒業制作であった『口紅』は、第1回国展に入選し、同級生には画家・福田平八郎さんがいらっ...

続きを読む

2017年11月4日~12月1日の日程で、京都シネマで映画「禅と骨」が上映されています。 これは天龍寺の禅僧であるヘンリ・ミトワさんのドキュメンタリー映画で、以前からメディアにも取り上げられています。 私はミトワさんは日本人以上の素晴らしい茶人であり、陶芸も文筆も何でもできる人、ということは存じていましたが、それ以上は知りませんでした。 しかし、中村高寛監督は童謡「赤い靴」の映画...

続きを読む

京セラ美術館では「維新の夜明け」展が12月3日まで開催されています。 鳥羽伏見の戦い150年を記念した展覧会となります。 下鳥羽の小板橋近く、今は公園となっている場所がありますが、ここは日本史に出てくる戊辰戦争始まりの地。それも、正月1月3日から始まったのです。 会場には現在の地図に当時の伏見番所などの位置が添付されたものが展示されていました。 また、伏見の城南宮には当時の合戦日記...

続きを読む

虹の会 虹の会さん

天才アート展2017

投稿:2017年11月14日


今年も、障碍の在る人のアート展 「天才アート展2017」に、 ボランティア参加致しました。 デザインが優れた力作が多数展示されておりました。 今回のアート展の写真を52枚、アルバムに編集致しました。 下記をクリックして、ご覧ください。 http://kyotonc.web.fc2.com/2017/tensai17.htm 文責:都人...

続きを読む

コンテンポラリーアートジュエリー gallery C.A.J. 「追悼 坪文子のしごと」 2017年10月10日(火)~10月28日(土) If you disliked some people,but what heals you is someone's faculty eventually.① 京都国立博物館で開催中の「国宝展」で、あまりの人の多さに作品...

続きを読む

国宝展もⅡ期となりました。この時期の一番のお目当てはあれですね。《大徳寺 龍光院 曜変天目》です。 Ⅰ期に続き、Ⅱ期も行ってきました。静嘉堂文庫や藤田美術館の「曜変天目」は目にしたことがあるが、龍光院さんの「曜変天目」を目にする機会がなかった。最初の記者発表では、龍光院の「曜変天目」はリストに入っていませんでしたが、最終的にはリストに!  まず、ここでおさらい。「国宝」...

続きを読む

子どもたちも楽しめるミュージアムこそ最高! 龍谷ミュージアムで開催されている「地獄絵ワンダーランド」は、子供の怖いもの見たさをくすぐる地獄の世界です。 展覧会は「往生要集」の遺宗完本でスタート。六道の世界—地獄・餓鬼・畜生・阿修羅・人・天がそれぞれ絵解きされています。 目に留まったのは「のんのんばあの地獄めぐり」。あの水木しげるさんの原画が楽しめるのです。 2階...

続きを読む

前へ 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗