1. 京都で遊ぼうART
  2. Report & Review
  3. そらさんの記事一覧

Report & Review ボランティアライター・ブロガーの皆様からお寄せいただきました
レビュー・レポートを掲載しています。

ボランティアライター・ブロガーとは

そらさんの記事一覧

7月24日、蒸し暑い中 阪急烏丸駅近くの重要文化財 杉本家住宅の一般公開があるというので行ってまいりました。 チラシによりますと、7月14日から16日は「末草(ひつじぐき)八曲屏風 表層修理完了お披露目」とのこと。この期間を外したので残念ながら屏風を見ることはできませんでした。受付で渡された年間の公開スケジュールを見る限り一年の半分くらいは一般公開されているので住宅、庭園はいつでも見学で...

続きを読む

この度、4年の歳月を経て修復したという国宝鳥獣戯画を見に京都国立博物館へ行って来ました。 事前にネットでその人気ぶりを伺っていたので、一時間待ちは覚悟の上で臨んだ展覧会場。 水曜日、昼前に覗くと外待ち40分+中待ち40分という表示。 そこで先に昼食べて再び会場へ。 すると外待ちが50分に。え、増えてる(゜Д゜) 仕方が無いのでとりあえず新館つまり平成知新館を先...

続きを読む

NHKで事前に何度も特集が組まれてたので、しっかり下準備をして臨んだ展覧会。 NHKの放送を見て初めて、私が日ごろよく婦人雑誌でよく目にしていた節子夫人と結びつく。 夫人がご主人亡き後守っているスイスのアトリエとは? ご主人てどんな絵を描く人なのか? まさか、ご主人がバルテュスだったとは。   そしてもう一つ、実は30年前の京都展に私は足を運び図録まで買...

続きを読む

「南山城の古寺巡礼」京都国立博物館 奈良と京都の間、木津川流域の南山城にこれ程多くの寺院が点在し、重要文化財が守られていたとは。 中には、一休寺で有名な酬恩庵(しゅうおんあん)もある。そう、あの一休さんなのだ。 展示されている彼の袈裟や笛などの遺品を見ると、一休さんも想像上の人物でなく、確かに存在していたんだと、過去との繋がりを感じる。 一休寺は京田辺市に存在し、私自身今まで何度も...

続きを読む

誰もがかつては青春だったんだ…甘酸っぱい思い出が走馬灯のように巡ってくる。 青春という時間がまるで風のように過ぎ去っていったこと、 一度吹いた風が戻らないけれど、もし、あの風がまた吹いたら今の私はどこにいるのだろうか。 彼が描く世界にかつて自分もいたとき、あんな彼、彼女がいればなあという憧れの世界を夢見ていた。 しかし、今振り返ると姿は少し違うかもしれない...

続きを読む

今まで全く目にしたことのない未知の世界でした。 圧巻。 まず、美術品の大きさに驚きました。 花瓶や掛け軸、通常の4倍はあるかと思います。 これ程大きくないと皇居では映えないのでしょう。 また、選りすぐりの中の選りすぐりの美術品。 今まで私が目にしてきたものが銀だとすると、そこは金の世界。 もしかしたらプラチナがまだあるのかもしれません。 とにかく庶民が目...

続きを読む

雨の京都、ゴールデンウィーク前で比較的空いていました。 京都駅からバスで国立博物館へ。 一言で言うなら「圧巻」。 すでに他の方の素晴しいレポートが上がっていますので詳細はそちらで(^_^メ) 襖絵や屏風絵、大きくて圧巻、想像通りですばらしかったです。 そして、是非とも皆様に見ていただきたいのが絵巻。 玄宗皇帝と楊貴妃の悲恋物語がまるでアニメのように展開されている...

続きを読む

世界遺産 ヴェネツィア展へ行ってきました。 誰もが知っているヴェネツィア、誰もがその名を耳にし、目にしたことがあるのではないでしょうか? ゴンドラが街を行きかう風景はテレビ等で度々紹介されています。 実際行ったことがなくてもかなり知っているつもりでいた私。 でも、実は何も知らなかったのだということ。 水の都、これは水が豊かな都という意味ではない。 水と共存、正確には海と共存...

続きを読む

すっかり暑くなりましたが、いかがお過ごしですか? 祇園祭も終わり夏一色の京都。 暑いせいか観光客もまばら、せっかくここまで来たのだからと、KATAGAMI展 と上村淳之展両方見てきました。 まずは、KATAGAMI展から。 ポスターのイメージ通り、型紙? ここで言うKATAGAMIは日本の型染めの、着物の小紋に代表されるような同じ図柄が繰り返されるデザインを称しているよ...

続きを読む

「切り絵」、「きりえ」、「キリエ」、「kirie」、、、 様々な技法で自由に表現する独自の世界 表現方法が変わるとこれ程までイメージが変わるのか。 ポスターのはいわゆる「切り絵」の世界。日本のイメージで。 しかし世界には様々な人や文化が存在している。 彼の世界観は、日本語で他国を語るのではなく、その国の言葉で表現していると言え ばよいのか。 切り絵に対するイメージを完全に覆してくれる楽しい展示会...

続きを読む

1  2


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗