1. 京都で遊ぼうART
  2. Report & Review
  3. アカサカさんの記事一覧
  4. 御朱印めぐりまたつづき、というか無事満願  そのに

Report & Review ボランティアライター・ブロガーの皆様からお寄せいただきました
レビュー・レポートを掲載しています。

ボランティアライター・ブロガーとは

御朱印めぐりまたつづき、というか無事満願  そのに

投稿:2013年1月29日

そのいち

さて。

最後の地、伏見にやってきました。

あたしの最後はこちら 御香宮さんです!

なが~い参道を歩いて行きます。

こちらはいい香りのするお水をみつけて飲んでみたら病気が治った!ことから清和天皇さまがお名前をつけられたといういわれの場所です。

ここも名水の地ですね。

伏見だもの、酒所だもの。

(とはいってもこちらのお水は飲めません気をつけてくださいね~)

安産の神様でもあるそうなので、この日もお宮参りの方がいっぱい、記念写真の方もいっぱい待機してました。駅からも近いからこちらに来るのも便利ですよね。JRにも、近鉄にも京阪にも行けます。

いろんなものがとっても美しいです。

ここ、実はお祀りしているのは神功皇后。あたし神功皇后って素敵だなとついつい思ってしまいます。

神功皇后といえば、祇園祭で船鉾、大船鉾、占出山のご神体ですよね。夫を無くして自分は身重だというのに戦いの舟にのって軍を率いて勝利して来たという、凛々しくてかっこいい!

実はこちらではこのお水で占う「水占」があるんですよ。

これ、「占出山」そのものです。

おみくじをいただいて、お水に濡らすと文字が浮き出て来るタイプ。ということでやってみました。結果は、どうだったかというと~

大吉!浮き出るこの絵は神功皇后様、これおみくじによって違うのだろうか。「新しい境遇へ前向きになる年」だそうです、うぬぼれずにがんばりなさいということでした。さて。お参りも無事すませたので、最期の御朱印をいただきます。

これにて

満願!!!

巫女様に満願であることを伝えたら、記念品をいただけます。

これで十六社。多分ばちっと回る方は2日程度で回れるんだと思います、あたしはかなりのんびりとした回り方だったけど、やはり満願となるとうれしいなあ。達成感ですね~。都七福神さんのときは7カ所だったけど今回は十六社、倍以上あった~

行った事のないところも沢山あったので、楽しかったです。

おつかれさまでしたー。と、自分に。

御香宮さんとのお別れです。ありがとうございました。参道を歩いていると途中に天満宮がありました。その脇にあったのが

なんと伏見城の城跡。この石を使っていたということですよね。伏見城といえば、先日うかがった養源院さんの血天井を思い出します~。

こうやっていろいろまわっているといろんなことが繋がってきます。勉強になるなあ。

さて。お参りも無事終わり。そろそろお昼でも。すごくにぎわっている大手筋の商店街をながめたりしながらうろうろしました。

すると~伏見には東京の薮そばで修行された方が「伏見薮そば」を開いておられるというので、行ってみました!住宅地の中!

みつけたー、ということでお邪魔します。ちょうどあたししかお客がいなかったので、外は寒かったし、調子にのらせていただいて~。熱燗頼んじゃいました!ぷぷぷ

熱燗に、なす田楽!とろとろの茄子おいしい~熱燗につけてくださったそば味噌もおいしい!あったまりますよ~やっぱり。いいですね~。

なんてやってたら、次々お食事のお客さん。みなさんがおそばやおそばのセットをいただいている脇で、1人酒飲んでアテたべててすみません、完璧に浮いてます(汗)

しかし、締めにはやっぱりおそばです。ざるを一枚お願いしました。やっぱりおそばやさんに行ったら、ざるを最初にいただかないと気がすみません。あったかいおそばや他のメニューは次にうかがったときという気分です。

わーおいしそう~。

あっというまに完食。えと、おつゆが関東風かなあ。なんかちょっと量が多かった、関東だと味が濃いので量は少なめでも丁度いいんです~でもおいしいおそばいただけました~

さて、せっかく伏見にきたし、とおじゃましたのは 黄桜カッパカントリーさん。資料館のようなところを拝見しました。

カッパミュージアムってところがあったので、みてみたら、ほんとに「河童」の資料館でびっくり!黄桜関係ないんちゃうの?とはいえ面白かった~。た だしちょっと気になった事。ここちゃんと「撮影禁止」てて表示されているにもかかわらず、お客さんめっちゃ撮影してました。今は確かに簡単に写真とれるん だけどそれだけに個人が「撮影していいとこかだめなとこか」を確認するべきだと思うんですよね。平気でぱちぱち撮ってて「禁止ってありますよ」って言うと 何もいわずにそそくさ逃げて行くようなの、恥ずかしくないのかな。

最低限のマナーは守りましょうね~。

ここは物販コーナーもあるし、レストランもあります。丁度団体さんが来られてて大混雑してました。

こちらを出るとすぐ正面に、今度は「お酒をつくる」資料館があるんです。

このロケーションも素敵ですね~ 中ではお酒の楽しみ方なんかも出てました。昔ながらの作り方の紹介もありました。そしてお水もいただけるんですね~。ご近所の方かな?ペットボトルで汲みにこられていましたよ。

今日、ペットボトルで水汲んでる人みることが多かったような気がする・・

蔵の中をうろうろして、見学させていただいたり。(特別説明する方がいるわけではないので、自分で資料を拝見するタイプです)

なかなか楽しかったです~。

でも外をうろうろするのはやっぱりちょっと寒いな。なんかあったかいものでも飲むか食べるかしようかな~なんて歩いてるとレストランのところで、おいしいものを販売していたので、早速1個いただくことにしました。

酒まんじゅう~!!これ、あれですかね河童の焼き印かな。できたてのあったかーいのをくれるので、ほわほわでおいしかった~。香りもいいです。

さて。いただきながら再びうろうろします。

実は、昔京都の叔父が中書島に住んでいたので、ここらへん連れて来られているはずなのですが、まーったく覚えていない。寺田屋も連れて行ってもらって刀傷もみてきたのは覚えてるんだけどなあ。こんな龍馬商店街みたいなものはなかったのかなあ

龍馬グッズのお店とかありましたねえ~実は、あたし龍馬に全然興味がないので(すみません、どちらかといえば、幕末は徳川幕府寄りでございました) なので、ここらへんはあえてスルーさせていただきました。このまま再び大手筋商店街に戻りました。なにかお土産買って帰ろうかな、なんて思ってふとせっか くなら酒粕でも、と立ち寄ったのが「油長」さん。

中に入ってみたら、なんと!一番奥では、ワイン、手前では日本酒のBARがあります!ということで。。。

いただきまーす!! こちらでは、冷やでグラス1杯か、利き酒(お猪口で3杯分)かを選べます。お豆腐と蕗味噌かな、佃煮かな、お通しがでてきます。お酒自体は好きなものを選ぶのですがグラスにするか、利き酒にするかで価格がそれぞれ違います。じーっくり選んで選んで~

いただいたお酒はこの3種類。

一番左の山田錦はこちらのお店にしか入って来ないそうです。すごいねえ。

昼間っから結構飲んでます。でもそういう場所が普通にあるのがさすが伏見!また来たいなー。

・・・って今日は御朱印めぐりがメインでしたね、満願したとたんにこれか!ぷぷぷ。

ほろよいで昼間だというのに、いい気分でいい感じに疲れて帰りました。


akasaka201301-7.jpg

無事満願いたしました!

 今回の十六社朱印めぐり、2月15日までに満願すれば今年の干支の置物を記念品としていただけます。まだまだ大丈夫!これから挑戦する!という方がんばってください。

あたしは相当のんびりと回って4回で満願でした。

気合いいれて1日で回ろう!と思わなくてもいいんでは?と思います2~3日くらいで満願するくらいで考えておきましょう。あんまり詰め込みすぎる と、ただ、いって、御朱印もらって帰って来るってことになってとってももったいない。折角なので神社をちょっと拝見して、回りましょう。

地図をみながら、おおきくエリアを分けて回りましょう、春日神社、長岡天満宮、吉祥天満宮、六孫王神社、藤森神社、御香宮は、市バスで行こうと思う と行けるんだけど、便が少ないのでよけいに時間をとることになるので注意ですが、他は全て市バス一日券でぐるぐるっと回れます。一日券を買うといただける 市バス地図をみながらプランをだいたい建てて動くとスムーズです(市バス地図は、バスの中で運転手さんから買うといただけない場合があります、案内所など で買うとちゃんといただけます)

だいたいおおまかに分けて、どこかの神社の近くでお昼にしようかな、と考えながら楽しんで回りましょう。

 

 ということで

これが満願でいただける今年の干支、巳年の置物です

今年いい年になりますように

この記事の元記事(ブログ)へ



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗