1. 京都で遊ぼうART
  2. Report & Review
  3. ゆうたんさんの記事一覧
  4. かわいいがたくさん!(京都文化博物館・芹沢銈介展)

Report & Review ボランティアライター・ブロガーの皆様からお寄せいただきました
レビュー・レポートを掲載しています。

ボランティアライター・ブロガーとは

かわいいがたくさん!(京都文化博物館・芹沢銈介展)

投稿:2012年5月 2日

芹沢銈介さん。
 
人間国宝で、「型絵染」という染色法を考案された作家さん。
京都文化博物館のパンフレットに書かれた紹介文を読むと、そう書かれています。
伝統的できれいな、言い方を変えれば、型にはまった作品を作る方なのだと思っていました。
 
実際に展示を見てみると、そんな先入観が180度変わりました。
 
見事に裏切られたのです。とってもいい意味で。
 

かわいい!
とってもかわいいのです。
まさに一目惚れです。
 
日本の伝統的な染物とは違う、のびのびとしたタッチ。
西洋のきらびやかな染物とも異なる、落ち着いた色合い。
 
それもそのはず、沖縄の紅型(びんがた)という染物に影響を受け、独自の作風を編み出されました。
 

作品の中には、「いろはにほへと」や「春夏秋冬」といった文字がたびたび登場します。
独特の書体で、色鮮やか。
「い」の横には「い傘」、「ろ」の横には「ろくろ」が描かれていて、遊び心もたくさんこめられています。
 

また「信」や「水」といった作品は、デフォルメされて原型は留めてないのだけれども、
「信」は1本、芯のようなしっかりとした軸があり、
「水」はしたたり落ちる雫のようなやわらかなライン。
 
さらに、染めていく前の原画も展示されていました。
一見、乱雑に塗られただけに見えるこの原画。
だけども、色合いやその大きさのバランスは絶妙。
 
作家さんはこのように作品を考え、作り上げていくのだなと、とても参考になりました。
 
 
 
自由ではあるけれども、斬新すぎず、そしてかわいい。
芹沢銈介さんの作品、大好きです。
 
 
 
こんな柄の服が欲しい!
それがだめなら、ハンカチでも!
 
と思っていたら、売っていました。ハンカチ。

yutan201205-1.jpg

使うのが楽しみなるような、ほんとにきれいな絵柄です。
 
かわいいがたくさんつまった、見ていてウキウキするような展覧会でした。
きれいな色使いを、生でご覧になってはいかがでしょうか。
 

関連リンク

宗廣コレクション 芹沢慶介 展 (京都文化博物館)



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗