1. 京都で遊ぼうART
  2. Report & Review
  3. 2019年9月アーカイブ

Report & Review ボランティアライター・ブロガーの皆様からお寄せいただきました
レビュー・レポートを掲載しています。

ボランティアライター・ブロガーとは

2019年9月アーカイブ

9月30日まで京都高島屋7階で第104回院展が開催されています。 初日には列品解説が有り充実した内容ですが、なかなか巡り合えない最近です。 しかし私はお目当ての作家が今回はどのようなタイトルで作品を仕上げてこられているかが楽しみに来館しています。 院展は友の会や中心の年金カードなどいろいろ無料で入場できる特典もありますので、心の栄養を吸収する時間としてぜひ足を運んでみてください。...

続きを読む

10月11日まで中信美術館にて「錦秋の季節に」が開催されています。 地下鉄車内に三輪晁勢先生の「滝の白糸」が描かれたポスターを目にされている方もいると思います。 三輪先生は堂本印象の妹・ミツさんが奥様で息子さん晃久さんというご一家。 今回の展覧会では美術館1回正面に「滝の白糸」、右側に印象先生の作品が並んでいます。 そのまた右には山本倉丘の「柿」があります。彼も妻が印象の妹であり、...

続きを読む

美術館えきKYOTOで京都市美術館の所蔵品展が開催されています。最終回は「動物パラダイス」です。 展示のスタートはねずみ、かわいい、かわいい 竹内栖鳳さんと都路華香先生も 平成16年作の竹内浩一の「象」はとても大きく迫ってくるかのようです。 チラシの表紙にもなっている竹内栖鳳先生の虎は、喜寿の頃の作品になります。 そして木島櫻谷展でも楽しまれた一品「角とぐ鹿」は、題材の木は今...

続きを読む

大丸京都店で「ベニシアさんの手作り暮らし」展が9月23日まで開催されています。 NHKのテレビ番組で紹介されたベニシアさんのご自宅がそのまま再現されています。 多くのおばさまたちが押しかけてきていました。 ハーブも実際に植えられていて、ガーデニングのヒントになっています。 私が特にうれしかったのは、全国の手作り・こだわりの人たちの紹介だけでなくその品々もショップで販売されていたこと...

続きを読む

京都市美術館所蔵品展第三回展、「動物パラダイス」を観に行ってきました。同館が来年3月リニューアルオープンされるまでに、昨年から「きもの美人」、「花鳥風月」、そして今回の「動物パラダイス」の展示会! 最近雑事でゆっくり名品を観に行く機会が少なかったので、動物たちに癒されました!あぁ、やっぱり日本画はいいなぁ、というのが一番の感想というか思いです。 入場してすぐの右に栖鳳さんの「冬瓜にねず...

続きを読む

京都市美術館のリニューアルオープンに向けて開催されている展覧会の第3弾です。 入ってすぐ出迎えてくれるのが、2匹のねずみ、竹内栖鳳、都路華香、どちらのねずみも薄墨で描かれた少しいたずらっぽい感じ。そして次は馬、牛と大作。結界が近いので、まじまじと牛や馬の毛並み、輪郭線、ひずめ、絹本に描いた線、滲みなど細部まで観察できました。 中でも木島櫻谷の 「角とぐ鹿」は今にも鹿が絵から出てきそうで、何...

続きを読む

レスコヴィッチさん<パリ在住ポーランド人>の浮世絵コレクションはそのほとんどが”初摺” その美しさと、コレクションの希少価値から必見ですぞ! しかも、第46回アートキューブレクチャーにも参加してきました。 ダメ元の前日夕方直接TELでお席確保です。 なるべく前のお席のセンターを確保するのがおはる流です。 折角参加できたのですから、映像などしっか...

続きを読む

動物パラダイス展@「えき」美術館へ行って来ました。 ギャラリー・トーク狙いです! 14時開始で30分の予定が、大サービスの1時間です。 お話の内容にグイグイ引っ張られて、あっという間でした。 山田 諭京都市美術館 学芸員と共に会場を歩いて行きます。 マイクでの解説なので、感動の幸せな一体感に包まれました。 どの解説も興味深いのですが、「ウサギ」をお裾分け!...

続きを読む

ICOMの関連で9月7日(土)に京都国立博物館が無料開館になっていたので行ってきました。 混雑を見越して午後4時前に入館したのですが、入ってみるとそれほどの人数はいませんでした。しかしやはり閉館まで一時間ほどというのはせわしなかったです。特にすべての係員が平日は午後5時までと何度も案内されるのは少々煩く感じてしまいました。 展示品は、国宝の平重盛像・源頼朝像の肖像画がとてもよく似ており...

続きを読む

artKYOTOが9月9日まで元離宮二条城二の丸御殿の台所・御清所と東南隅櫓で開催されています。 古美術から現代アートまで国内外30余りのギャラリーのブースで会場は埋め尽くされていました。 この会場はこれまで何度か体感していますが、夏の暑さの中ではゆっくり作品を見ていられませんでした。 しかしほんまもんの美術を生で見る良さには力があります。 特に、井上有一さんの作品には足を止めざる...

続きを読む

1  2


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗