1. 京都で遊ぼうART
  2. Report & Review
  3. 2018年4月アーカイブ

Report & Review ボランティアライター・ブロガーの皆様からお寄せいただきました
レビュー・レポートを掲載しています。

ボランティアライター・ブロガーとは

2018年4月アーカイブ

京都国立博物館で、85年ぶりとなる池大雅の回顧展が5月20日までかいさいされています。 国宝は3件、重要文化財は13件を含め、池大雅の代表作ほぼ全てとなる約150件が登場します。 昨年の国宝展の混雑ぶりがうそのようにゆっくりじっくりと楽しめましたが、展示品の数が多いのと、全体的に変化や色が少ないため、途中で少々飽きてしまいました。 今回も前期後期で入替があるので、どの作品が見たい...

続きを読む

第6回となる京都国際写真祭が5月13日まで開催されています。 今年は1か月友好のパスポートが4,000円になり少々お高いイメージですが、京都文化博物館が1,200円、誉田屋竹院が1,000円、黒蔵が800円、両足院が1,000円と単館4か所分の料金で、15か所の会場に入ることができることを考えれば十分お安いと思いますよ! またこのパスポートで、美術館えきKYOTOで開催されている蜷川実...

続きを読む

4月22日まで京都髙島屋で開催されている、田中達也さんのミニチュア展に行ってきました。 NHKの朝ドラ「ひよっこ」タイトル画やOP映像で知られる作家さんの個展です。 展示されているミニチュアの人間の小さいこと! 映像作品ではそこに動きもつくので、とてもリアルに感じました。 何よりびっくりなのは、タイトル画からのアイディア。天ぷらなどの揚げ物で使うバットから、25mプールを想像できる...

続きを読む

虹の会 虹の会さん

草乃しずか展

投稿:2018年4月11日


日本刺繍作家 草乃しずかさんが、自身の集大成を掛けた作品の見事さには、感激いたしました。 刺繍が日本に中国から伝わったのは、1500年も前からだそうで、一針、一針、ち密に、施された手法は、素晴らしいですが、なかなか、根気の要る仕事だなあと、思います。 ちょうど訪れたときに、作者のギャラリトークが始まり、鑑賞者でフロアは、溢れておりました。 作品は、きものに刺繍がされたのが多い...

続きを読む

4月15日まで開催されている「ターナー 風景の詩」展へやっと行ってきました。 その前に、会期中に行われている2つのワークショップにも参加していたのですが、展示を見る時間が作れず今になりました。 ワークショップの一つ、3月25日の鵜飾先生による写生会ではターナーの写生技法を体験させていただいていたので、現物を見た時にキャプションの説明を読むとその技法がどの場面で使われているのかを確認する...

続きを読む

細見美術館と言えば琳派の扱いが多く、何度か展示に足を運んでもいつも同じように写ってしまうことがあります。 今回も足元の解説がとても読みづらく感じてしまいました。 しかし、解説に目を取られずに抱一一門と其一の鳥を楽しもうと思いたくもなりました。 抱一一門の絵師は何皆「一」の文字が入っているため区別がつきにくくなってしまうのですが、どれが誰の作品なのか気にせずに見ていました。そのうちで目...

続きを読む

1


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗