1. 京都で遊ぼうART
  2. Report & Review
  3. 2018年1月アーカイブ

Report & Review ボランティアライター・ブロガーの皆様からお寄せいただきました
レビュー・レポートを掲載しています。

ボランティアライター・ブロガーとは

2018年1月アーカイブ

ロームシアター京都で、2月4日までメディアアート展が開催されています。 蔦屋書店の上、三階のミュージアムホールには4作品が展示。 地下2階のノースホールでは高嶺格さんによる「白骨死体を乗せて漂着した木造船からゴーストを想像する」朗読上演が行われます。 入口のロボットによる似顔絵は3、40分ほど時間がかかるためモデルは事前申込制でした。 2階の南北通路では和田永さんの30分オープルレコー...

続きを読む

便利堂のコロタイプについては京都国際写真展で説明を聞いておりましたので、さっそく行ってきました。 インキの強弱表現は高い技術力を要します。 しかし明治に日本に入ってきたコロタイプ印刷は、効率の悪いものでした。 1972年に制作された高松塚古墳壁画の原寸大複製が展示されていました。 法隆寺金堂壁画は京都工芸繊維大学のギャラリーで以前拝見していたので、感動は少々少なかったです。...

続きを読む

虹の会 虹の会さん

天才アートABC展

投稿:2018年1月19日


今年も、「天才アート展」に、ボランティア協力致しました。 「天才アートABC展」 1/11(木)-1/21(日)堀川御池ギャラリー 11:00-18:00 19枚の写真を、アルバムに編集致しました 下記をクリックして、ご覧ください。 http://kyotonc.web.fc2.com/2018/artabc.htm 文責:都人...

続きを読む

細見美術館の開館20周年記念展の第一弾「はじまりは伊藤若冲」を見てきました。 細見美術館の伊藤若冲作品を収集した細見寛さんは、きっかけは若冲40代中ごろの作品という「瓢箪牡丹図」に惚れ込んだためとのこと。瓢箪ののびのびとした線といい大きさといい、目を見張るものがありました。 珍しいものとしては、富岡鉄斎が越後の実業家・今井卓堂に宛てた書状のなかに、「明治28年4月20日に305円をもら...

続きを読む

2017年12月に、京都国立近代美術館の新たな取り組み、 「感覚をひらく―新たな美術鑑賞プログラム創造推進事業(注①)」の第2回フォーラムに参加してきました。(注②)   点字にもなっているこのチラシがとっても素敵ですね。 見える人と見えない人が同じ場所で、見えない人は見えないという立場で、見える人は見えているという事実も含めて、一緒に同じ作品を鑑賞体験し、その感想を...

続きを読む

新年早々に京都国立博物館のいぬづくし展に行ってきました。 昨年4月から年間パスポートの利用方法が変わり、常設展は無料で入ることができます。 展示は2階奥の2室のみでした。 昨年の国宝展の人々の頭越しに作品を見る状況からは一変して、静かな鑑賞となりました。 まず、岡村健守氏寄贈による唐時代の白釉犬が出迎えてくれます。 等楽寺縁起絵巻には、頭に明鏡を付けた白い犬が道案内をしたという各...

続きを読む

虹の会 虹の会さん

日展京都展

投稿:2018年1月 5日


新年あけましておめでとうございます。 新春を飾る日展は、京都市立美術館の工事のため、別館で日本画、他はみやこめっせの地下1階で開催されています。 例年好評のワークショップも今回申込制となっていますが、色々と品を変えて参加者を楽しませてくれています。 年末にはガラス作家の徳力竜生先生にガラスのペンダントトップ制作をご指導いただきました。 ギャラリートークも12日まで毎日10:...

続きを読む

1


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗