1. 京都で遊ぼうART
  2. Report & Review
  3. 2013年5月アーカイブ

Report & Review ボランティアライター・ブロガーの皆様からお寄せいただきました
レビュー・レポートを掲載しています。

ボランティアライター・ブロガーとは

2013年5月アーカイブ

2013.5.28 → 6.9【 Gallery Maronie space5 】 梅原さんのそれは、いつもプクッとしていて、 ニョキっと立っていて、プワワンとそこにある。 だから表札なしでわかる。 決して深刻にならない、というよりもならせない面差しがある。 陶芸作家が窯の前でぎゅっと心を絞らせて、 それを待っているような、触れられない気配を漂わすという印...

続きを読む

→ そのいち(上賀茂手づくり市編) さて、次に来たのは祇園 最近できたくづきりの鍵善さんの新しいお店の前にある鍵善さんのギャラリー。空・鍵善  こちらで27日まで開催されていたのが「京都女子10の手しごと展」です。 京都で活躍する女性作家さんたちが一堂に会して行われる展示です。素敵にきまったますよね。 ギャラリー内は、予想通りお客さんでいっぱいです!がまぐち作っ...

続きを読む

今日(5月26日)もとっても天気がいいです!! お出かけ日和な今日は上賀茂手作り市から始まります   久しぶりに来たのは、作家仲間のAlice Gardenさんとキクチンさんが今度出店したいので、下見しようということなので、偶然あたしも行こうと思っていたので、便乗したのでした。 といいつつちょっと早くきてうろうろ。 とってもいい季節です!これから夏の7月ごろまで上賀...

続きを読む

オーストリアとスイスの間にある小さな国、リヒテンシュタイン。 京都市美術館では、日本で初めて侯爵家が所蔵する世界最大級のコレクションを公開している。 これまで目にできなかった作品も多く、興味は尽きない。 ヘルマン・ポステュムスの「古代ローマの廃墟のある風景」は、展示を再三要請されてきたもの。 1536年ローマに滞在していたポステュムスが、皇帝ネロの黄金宮殿の遺跡をモチーフに描いた。...

続きを読む

先日下見でうかがった仏光寺さんにやってきましたー! (この写真は、先週のものです) 今日(5月24日)は 京都まるごとマルシェ 出店日~!!! テント担いで阪急電車で参戦です! 準備おっけー!! このイベントは今回が初めて。おいしいレストランが出張してくる屋台と、うちらみたいな手作り市とが合体したイベントです。 夜になると飲食店だけの屋台ですが、ライブがあったりしてなかなか...

続きを読む

虹の会 虹の会さん

新島旧邸

投稿:2013年5月28日


快晴ですぅ~!湿度も低くて京都にしては珍しいカラリとした晴天がつづきます。 さて、テレビでブレイクしています「新島襄邸」へ、観光客気分で行ってきましたぁ~ ただ、申し込み制度が変更されているので要注意です。 現在、新島邸の見学にはインターネットかFAXにて申し込みが必須になっております。 午前・午後に分かれて申し込みます。 まず、受付にインターネッ...

続きを読む

羅城門から淀 天気もいいので自転車で出かけることにした。 自宅から高野川にかかる蓼倉橋を渡り出町に出る。寺町通りから御所を横切り府庁前から小川通りを南下、七条からは猪熊通り、九条通りに出ると東寺の前から平安京の朱雀通りに面して設けられていたという羅城門跡に立ち寄る。 御土居堀の構築時に破棄されたという説もあるが今は標柱しかない。おそらく礎石などもかつてはあったのだろうが、今は全く...

続きを読む

住友グループ秘蔵名画展だけあって、もの凄く上等の濃密な花たちがありました。 これまでに、鑑賞したお花の企画展の中で、1番香り高く感じました。 それは、油絵だったこともあるのですが、華やかなバラが多くて、それらが印象に深く残ったからかもしれませんね。 少し暗めの照明がよけいに、ゴージャスかつエレガントなお花に意識を集中できることに気が付きました。 人間の嗅覚は暗めの時に鋭くな...

続きを読む

堂本印象美術館は、エントランスから作品を右手側に眺めながらスロープを上がり(回廊)、自然に一番奥のメイン展示室(本館二階展示室)に導かれるという独特の造りになっている。 リニューアルオープンということで、京都画壇で文化勲章を受けた十二人の作品が、春と秋、二回に分けて展示される。春展示の今回は、竹内栖鳳、小野竹喬、上村松篁、池田遥邨、秋野不矩、堂本印象の作品で、それぞれの個性が手に...

続きを読む

「芝川照吉コレクション展」…これって何でしょう?興味津々で行ってきましたよ~! カタログの説明通りに、青木繁・岸田劉生らのパトロンだった芝川照吉氏の”眼”を拝見させて頂きました。 かなり変色している油絵が続きまして、色調は重くて心も凹みがちですが、陶芸と織り物・染色などで和みました(笑) お馴染みさんが好きだとは言いませんが、安心いた...

続きを読む

1  2  3  4


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗