1. 京都で遊ぼうART
  2. Report & Review
  3. 2012年12月アーカイブ

Report & Review ボランティアライター・ブロガーの皆様からお寄せいただきました
レビュー・レポートを掲載しています。

ボランティアライター・ブロガーとは

2012年12月アーカイブ

さむいですね~ というわけで  ここに来ました!旧関西日仏会館。現インスティチュ・フランセ関西の ル・マルシェ・ド・ノエル! 昔大学の後輩がどうしてもここのル・カフェに行きたい!ということで百万遍の手作り市の後にみんなで行った事があるくらいなんですが、ここの「ル・マル シェ」は、行ってみたい~って思いながらも予定があわなくてずーっと行けてませんでした。でもどうせ行くならやっ...

続きを読む

小学校の教科書に載っていた「スイミー」は、 子どもにとっても親にとっても思い出深いお話です。 レオ・レオニの作品は「スイミー」しか知らずに行きましたが、 小さな主人公たちが繰り広げる小さな世界のお話に魅せられました。 ミッキーマウスのように歌うことも踊ることも触れ合うこともできないけれど、 レオ・レオニのねずみは、とぼけた表情が愛らしく、健気で、身近に感じられました。 帽子をかぶった...

続きを読む

今日は~ お休み。 午前中用事をすませて 庄内の「烈火」さんでラーメンいただきました。 なかなかにおいしかったです。麺太めだった。 ランチタイムは、大盛りにしてくれるというので大盛りにしてもらった。 たらふく食べて次にいったのは~ 京都です! あれれ、曇っててなんだかわからん。 ここ東寺ですよ~ あれ。信用できません?学校側から入ったから五重の塔はみえませんよ。 今日は...

続きを読む

 明治四十年、「丸善」が開店し、中学生だった須田は初めてゴッホを見て衝撃を受けたという。  その後、大学及び院で美術史を学び、実践として絵に向かう。  その為か、本格的な絵画人生は四十過ぎという遅咲きである。 須田国太郎は京都六角に生まれ、終生京を拠点に活躍した。 フランス志向が大半を占める時代にあって、スペインに留学したのは異色である。 ヴェネ...

続きを読む

実は今日のおでかけは予定外。 ただ、来週はこれなさそうだから今日いっとけー!となってでかけました。 最初にお邪魔したのは、西陣。 ここにやってきました~ 鞍馬口通り沿い。元わらびもちの茶洛さんがあったところです。実はこちらに和菓子ユニットの「日菓」さんが工房を構えられたのでした。 で、月に一日だけ店頭販売の日をされるそうで、最初の「月一日菓店」にお邪魔してきました。 わたしはこち...

続きを読む

京都国立近代美術館4階のコレクションギャラリーに、1960年代を中心にした85枚の映画ポスターが展示されていました。 古い、知らない映画が多かったのですが、 時代を強烈に感じさせるポスターもあれば、 時代をまったく感じさせないポスターもあって面白かったです。 「いかにも、古くさいな~」と感じるようなポスターも、 その「古くささ」が逆に新鮮に見えてきたりするから余計に楽しめました。...

続きを読む

→ そのいちから さて、お庭を拝見して、ぐるり拝観も終わり、ご朱印いただいて阿弥陀堂に、と思ったら 雨!わ~様子見てから行こうかなと思ったけどしっかり降りそうだったので、阿弥陀堂でゆっくりさせてもらおかーとお邪魔しました。 すると、入り口で係りの方から法要中なので説明は、できませんが、とのこと。覗き込んだらなにやらお坊様が数人おられて声明をあげておられたのでした。 急...

続きを読む

そろそろ紅葉も終わりですね。な、京都。 本日はゆっくりめで11時に到着。さっそく教えていただいたお店でごはんたべます。 京味彩わたつね さんというところです。お店自体はどちらかというと食堂なんです。メニューも定食とか多いし。ただしここは、なぜか「機械打ちのざるそば」と「手打ちのせいろ」がある!もうここらへんが謎! そしてそばがおいしいよ、と伺ってきました。 もちろん、手打ちの二八そ...

続きを読む

「邸内見立 洛中洛外圖」 2007 Courtesy of Mizuma Art Gallery ⓒYAMAGUCHI Akira 「京都で遊ぼうART」さんからお願いしていた招待券が届き、な、なんと今週末までということで、早退して京都まで行ってきました。 山口晃さんは、かのアートブログ『弐代目青い日記帳』で知り、興味を持ちました。 実際に山口さんの作品を目にしたのは、...

続きを読む

1


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗