1. 京都で遊ぼうART
  2. Report & Review
  3. 2011年6月アーカイブ

Report & Review ボランティアライター・ブロガーの皆様からお寄せいただきました
レビュー・レポートを掲載しています。

ボランティアライター・ブロガーとは

2011年6月アーカイブ

こんにちは。yoshikoと申します。初めてレビューを投稿します。 アートには疎いですが、自分なりの感想をお伝えしていこうと思います。 よろしくお願いいたします。 早速ですが、今回はこちら。   西光祐輔写真展 I forgot but I can see. I remember but I can't see. © Nishimitsu-Yu...

続きを読む

短い時間でひょっこり行ける展覧会に行きたいなぁ、と思って、 千總ギャラリーの「神のまにまに」展に行って来ました! 地下鉄烏丸御池駅から歩いてすぐの、千總本社ビル2階にあるこのギャラリーは、 無料で入れて午後7時まで開いている、ありがたいスポット。 私は、1階の伊右衛門サロンと一緒に訪れることが多いです。 これは總屋の入り口。老舗のブランドマークと緑がクール。 (「總屋」...

続きを読む

金閣寺へ、竜安寺へのきぬかけの路沿いに建つインパクトのある外観。 美術館の外観、内装、ドア、ドアの取手、ライト、椅子に至るまで印象のデザインによるもので、印象自身の作品を展示するために建てられた美術館です。美術館全体が印象芸術です。(展示室の部屋番号プレートや展示室の椅子の足にも注目!) 窓や階段のメタルの曲線造形や木製の椅子とどれも面白く、どちらを眺めても印象ワンダーランドです。...

続きを読む

「なげきつつひとり寝(ぬ)る夜のあくるまはいかに久しきものとかはしる」 ――あなたが来ないことを嘆き悲しみながら独りっきりで寝る夜は、明けるまでなんて長いことでしょうか。あなたにはこの苦しみが分からないでしょうね。 小倉百人一首にも採られている有名な一首です。作者は藤原道綱母。愛する夫を待ち続けて、独り寂しく夜を明かした女性の、切なさ、虚しさ、憤りが込められた歌です。道綱母がこの歌を詠...

続きを読む

1


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗