1. 京都で遊ぼうART
  2. Report & Review
  3. 2011年1月アーカイブ

Report & Review ボランティアライター・ブロガーの皆様からお寄せいただきました
レビュー・レポートを掲載しています。

ボランティアライター・ブロガーとは

2011年1月アーカイブ

実際の展覧会・イベントの様子をご紹介しているレポートコーナー。 今回は、ライターのアカサカさんより、京都国際マンガミュージアムで開催の 「ブライス9周年アニバーサリーチャリティ展覧会「マンガガールズ・インスピレーション」」 「オー!マイキー ロマンス ~オー!マイキー10年の歩み~」 のレポートを頂戴しました。アカサカさん、素敵なレポートをありがとうございました! アカサカさんのレポート記事 「は...

続きを読む

「Tibet」(2010) © Taku Ibuki 人肌を認識するというのは 撫でたり、さすったり、つねったり、舐めたり、つまんだりすることだけではない。 この確認はどこまでも触感だけに頼ったものでそれ以上でも以下でもなく、そこに"或る"ことを確かめているだけだ。 以前ダンスのワークショップで 二人一組になって一人がもう一人の腕を取り、 とは言ってもそこに他意を感じさせないほどに滑らかにそっと...

続きを読む

地下鉄・JR京都駅からすぐのポルタで、素敵な展覧会に出会いました!きっかけは地下鉄の改札近くにあったポスター。 可愛いイラストに惹かれて訪れたのは、 ポルタの片隅にある「ギャラリー華」で開かれている 「ジェームス・リジィー3D版画展」。「ギャラリー華」は実は初めて訪れたのですが、駅からすぐの小さなところで、しかも無料だったので(笑) ふらっと立ち寄ってみました。 服屋さんの隣の、赤い看板のところで...

続きを読む

祇園のど真ん中にある何必館。 喧騒の中にありながらも、館内は静寂とした雰囲気でゆっくりと時が流れていたようだった。 入館してまず目に入ったのは、大きな写真のスクリーン。 どれも路地裏を撮影したものだった。 彼の写真は初見であったが、安堵感に満ち、どことなく温もりを感じた。 何故こんなにも温もりを感じるのだろうか。そんな疑問を抱きながら2階へと向かった。 《帰還 2009》 2階には「帰還...

続きを読む

1


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗