1. 京都で遊ぼうART
  2. Report & Review

Report & Review ボランティアライター・ブロガーの皆様からお寄せいただきました
レビュー・レポートを掲載しています。

ボランティアライター・ブロガーとは

京都国立博物館で、85年ぶりとなる池大雅の回顧展が5月20日までかいさいされています。 国宝は3件、重要文化財は13件を含め、池大雅の代表作ほぼ全てとなる約150件が登場します。 昨年の国宝展の混雑ぶりがうそのようにゆっくりじっくりと楽しめましたが、展示品の数が多いのと、全体的に変化や色が少ないため、途中で少々飽きてしまいました。 今回も前期後期で入替があるので、どの作品が見たい...

続きを読む

第6回となる京都国際写真祭が5月13日まで開催されています。 今年は1か月友好のパスポートが4,000円になり少々お高いイメージですが、京都文化博物館が1,200円、誉田屋竹院が1,000円、黒蔵が800円、両足院が1,000円と単館4か所分の料金で、15か所の会場に入ることができることを考えれば十分お安いと思いますよ! またこのパスポートで、美術館えきKYOTOで開催されている蜷川実...

続きを読む

4月22日まで京都髙島屋で開催されている、田中達也さんのミニチュア展に行ってきました。 NHKの朝ドラ「ひよっこ」タイトル画やOP映像で知られる作家さんの個展です。 展示されているミニチュアの人間の小さいこと! 映像作品ではそこに動きもつくので、とてもリアルに感じました。 何よりびっくりなのは、タイトル画からのアイディア。天ぷらなどの揚げ物で使うバットから、25mプールを想像できる...

続きを読む

4月15日まで開催されている「ターナー 風景の詩」展へやっと行ってきました。 その前に、会期中に行われている2つのワークショップにも参加していたのですが、展示を見る時間が作れず今になりました。 ワークショップの一つ、3月25日の鵜飾先生による写生会ではターナーの写生技法を体験させていただいていたので、現物を見た時にキャプションの説明を読むとその技法がどの場面で使われているのかを確認する...

続きを読む

細見美術館と言えば琳派の扱いが多く、何度か展示に足を運んでもいつも同じように写ってしまうことがあります。 今回も足元の解説がとても読みづらく感じてしまいました。 しかし、解説に目を取られずに抱一一門と其一の鳥を楽しもうと思いたくもなりました。 抱一一門の絵師は何皆「一」の文字が入っているため区別がつきにくくなってしまうのですが、どれが誰の作品なのか気にせずに見ていました。そのうちで目...

続きを読む

3月14日から25日まで、髙島屋で沢田教一写真展が開催されています。 この人の写真を知らない、とは言えません。 ピュリッツァー賞に輝いた、ベトナム戦争で赤ちゃんを抱いて川を渡り逃げようとする母親と子供たちの姿に見覚えはないでしょうか? 会場内では、その写真の赤ちゃんである女性が映像でインタビューに答えておられます。 他にも、報道写真にはならないような子供たちの優しいまなざしや笑...

続きを読む

沢田 教一 展(京都高島屋7階グランドホール) 3/14(水)-3/25(日) 10:00-19:30 入場料 一般 800円 ベトナム戦争の従軍記者として、戦争の最前線で激しい戦闘や兵士の表情をリアルにとらえた写真家、 沢田教一の写真展です。 この時代は、カラー写真が未だ少なく、白黒写真が中心。 戦争の悲劇、、むなしさ、、その国の住民を巻き込む悲惨さが目に飛び込んで来る、、 素...

続きを読む

京都芸術センターでは4月8日まで「生業ふるまいチューニング」展が開催されています。 ギャラリー南では小出麻代さんの作品を展示しています。漂着物の石を69カットでスライドに映したものや、鏡などいろいろなものを合体させてその空間を楽しむもの、カットプリズムの下に写真を張った作品を図書館の本の間に忍ばせたものなど、遊び心を誘う内容となっています。 ギャラリー北では堀野潤さんのシルクスクリ...

続きを読む

京都府立堂本印象美術館が3月21日にリニューアルオープンします。 「入りやすく親しみやすい美術館」に生まれ変わったとのこと。 西側出入り口が新設され、庭園を散策しながら京都彫刻家協会の作家24名による作品が楽しめる野外彫刻展が5月6日まで開催され、こちらはフリー入場となります。 ロビー南側の出入り口は回収されてとうふの藤野さんがカフェをオープンされます。 ミュージアムショップもリニ...

続きを読む

「 風景の澱みから 」・井上 光太郎・奈良田 晃治・宮岡 俊夫  2018.03.01~03.25【 2kw gallery 】 絵が描けない者としては、人物も風景も静物も自身のマナコがトレースした現実以上でも以下でもない所在としか映らない。 しかし、画家は当然のようにそれぞれにフォーカスしながら画家たる心性を支持体に表すことに心砕く。 こうして観察眼の乏しい僕は三人の絵...

続きを読む

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11


  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗