1. HOME
  2. ビーズで作る「感想作品」☆キラキラ☆量産中。【キラキラ☆ヒラメキ計画】
  3. 香水瓶 × 清永安雄 写真展『瞼裏(まなうら)の心象風景』

ビーズで作る「感想作品」☆キラキラ☆量産中。【キラキラ☆ヒラメキ計画】

香水瓶 × 清永安雄 写真展『瞼裏(まなうら)の心象風景』

2013/10/02

香水瓶 × 清永安雄 写真展『瞼裏(まなうら)の心象風景』
展覧会にインスピレーションを受け、感想文ならぬ「感想作品」を制作するユニークな企画記事「キラキラ☆ヒラメキ計画」。今回は岡崎にある写真ギャラリー「Photo Gallery Artisan KYOTO」で開催の「清永安雄 写真展『瞼裏(まなうら)の心象風景』」からヒラメキ。目を閉じたときに自分だけに見えるような、「人には見えない景色」を表現した写真展から、どのような作品が生まれたのでしょうか。


お久しぶりです~。



今回は、岡崎にある写真ギャラリー「Photo Gallery Artisan KYOTO」で開催されている

清永安雄氏の写真展『瞼裏(まなうら)の心象風景』を取り上げます。



目を閉じると、「点」や「線」の光の模様を見えたことははありませんか。



おなかが空いている時に模様が変わると聞いたことがあるのですが、本当かはどうかよくわかりません。



 



今回の展覧会で清永安雄氏が取り組まれているのは、



そういった「他者には見ることができない」情景を、写真という技法を用いて、切り取るということなのだそうです。



奥が深いですね…。



 



曖昧な形を他の人と共有することは難しいように思います。



自分が素敵だと思っても、他の人にはそう見えない時があるのと同じだと思います。



 



そんな私は最近、香水瓶が素敵だと思っています。



そんなにいいの?また作るの?



と思っている人に見せたい香水瓶を作ろうと思います。


わくわく。


DSC_0094.JPGのサムネール画像



上から徐々に。



 



引き締め過ぎても、緩めすぎても、だめなのです。



微妙なテンションがいい感じ。



様子を見ながら下へ編んでいきます。



 



DSC_0095.JPGのサムネール画像



すぐ到着してしまう。



 



今回は前よりも小ぶりの瓶なので、あっという間でした。



なんだか惜しい。



 



頭の所をどうするか考えよう。



 



DSC_0093.JPGのサムネール画像



ふさふさ つけてみようかな。



最近この 「房」 が好きなのです。



 



自分で作り方を考えてしまうくらいです。

 


できた。


名称未設定 2のコピー.jpgのサムネール画像



正面から見ると、ポニーテールみたいです。



 



ふさふさ、あーやっぱりいいですね。



 



普段ではあまり使わない色合いにしました。



上の蓋の部分の比率が大きいので、シルバーで統一した方がきれいに見えるように思ったからです。



今回はちょっとクールです。



 



いつもと違うことをすると、発見がありそうです。



 



芸術の秋ですね。

 




  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗