ビーズで作る「感想作品」☆キラキラ☆量産中。【キラキラ☆ヒラメキ計画】

一瞬の劇場 Elliott Erwitt 展ー感想作品「鍵様」

2011/9/08

一瞬の劇場 Elliott Erwitt 展ー感想作品「鍵様」
展覧会などにインスピレーションを受け、感想文ならぬ「感想作品」を制作するユニークな企画記事「キラキラ☆ヒラメキ計画」。 第三回目は何必館・京都現代美術館で開催の「一瞬の劇場 Elliot Erwitt」展からヒラメキ! モノクロームの写真展から生まれた作品は...?

一瞬の劇場 Elliott Erwitt 展


漆黒。





よーく見ていると、

藍色のような 

透き通った青色が見えるような気がするのです。



深みのある黒って、実は一色ではないように感じられませんか。





いろんな「素顔」、いろんな「色」を持ってる 人。



角度次第で、

見方次第で、

感じ方に幅がでているだけ なのかもしれませんが。



みなさんは「何色」持っているのでしょうか。





さて、

今回の 一瞬の劇場 Elliott Erwitt 展。





http://www.kyotodeasobo.com/art/exhibitions/elliott_erwitt/



 





モノクロな印象ですが、色鮮やかともいうべき残像が残りますね。



と、同時に、



一瞬 の捉え方、ユーモアのセンスの散りばめ方が決まっています、



おっしゃれっ



というわけで、今回のキーワードとしまして、



一瞬のキラキラ 





で、なにかつくろうとおもいます。

パーツいろいろ


今回は、j4京都店さんのビーズを使用させていただきました。

http://ameblo.jp/j4-kyoto/



DSC_0939 (2).jpg



j4さんは、東京、大阪の久宝寺、京都、福岡にお店を展開されています。



こちら京都のお店では、古布玉や和三盆の形をした、和風テイストなビーズやパーツ、に加えて、

お手持ちのアクセサリーにプラスすれば、とっておきのオリジナル テイストにできそうなチャームのパーツなども豊富にあり、

これは



長居します。



京都店のみの限定ビーズもあるそうで、気が抜けませんね。





品物にもよりますが、よく見てみると一点一点、柄や色のニュアンスがちょっとずつ表情が違っているものもありますから、

お店の中で じっくり過ごしてしまいますよ。





さて、今回のビーズなんですが、

これが どこに どう なるのやら ? というところですよね。


一瞬の劇場 Elliott Erwitt 展 × パーツいろいろ = 鍵様


Elliott Erwitt な キーワードは

 「一瞬」なところ

彼の作品にもあるような、登場する被写体が 一瞬 のぞかせる心の動き

を、

今回の感想作品に!!!

うん。

単純です。

ということで、鍵になってる 鍵様 を作ってみました。



DSC_0945 (2).jpg

ぱっと見普通のカギですが、

鍵になっている御顔の部分をお挿しになられると、



DSC_0944 (2).jpg



「ちょっとー宙ぶらりんじゃないのっ」






あらやだ! 鍵様だ、と、なるわけです。











なんで 鍵 にしたのかと言いますと、



一瞬 人に見える仕掛けにしたかったからというのもそうなのですが、

今回の展示から得た感想をキラキラにすることで、



こじつけているといえばこじつけているのですが、



京都の新たな一面を「開ける」 鍵 見つけに行きませんか?



ということです。



DSC_0941 (2).jpg





「そうよね。これが正しい向きよね」






それでは また。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗