Exhibitions展覧会

住友財団修復助成30年記念 特別展「文化財よ、永遠に」

2019/09/06(金) 〜 2019/10/14(月)

住友コレクション 泉屋博古館 

住友財団ではこれまで約30年に渡り、文化財維持・修復事業への助成に努めてきました。その多くは京都とその周辺に集中しています。この展覧会では古代から近世に至る彫刻や絵画、文書など、住友財団修復の修復で蘇った古都ゆかりの名品を集め、修復の物語と共に、そのかけがえのない価値を再考します。

いにしえの文化や思想を伝える美術工芸品や歴史資料。その多くは、材質上いずれ朽ち果てる宿命といっても過言ではありません。今日そういった文化財に出会えるのは、人から人へ大切に手入れし受け継がれてきたからにほかなりません。

その背後にあるのは、文化財を後世に守り伝えようとする篤い遺志、そして古来より培われた修復技術でした。

住友財団ではそのバトンを時代に繋ぐべく、これまで約30年に渡り文化財維持・修復事業への助成に努めてきました。累計1,000件に及ぶ助成対象のうち、多くが京都やその周辺に集中しています。
千年を超えて日本の政治と文化の中心だったこの地には、戦乱や天災を乗り越えて積層してきた記憶の数々、美意識の結晶があります。

この展覧会では、古代から近世に至る彫刻や絵画、文書など、住友財団助成の修復で蘇った古都ゆかりの名品を集め、今回が修理後初公開となるものや、現場に導入された最新技術による修理の様子なども紹介。修復の物語と共に、そのかけがえのない価値を再考します。

この展覧会が、未来へと紡ぐ糸となれば幸いです。

※この展覧会は会期中展示替えがございます。

併設展

青銅器館「中国青銅器の時代」
※ボランティアガイドによる解説がございます。

関連展覧会

この展覧会は住友財団修復助成30年記念として全国4会場で同時期開催される展覧会の一環です。
他3会場は下記の通りです。ぜひ合わせてご高覧ください。
【福岡】九州国立博物館:9月10日(火)~11月4日(月・休)
【東京】泉屋博古館分館:9月10日(火)~10月27日(日)
【東京】東京国立博物館:10月1日(火)~12月1日(日)

展覧会概要

期間 2019/09/06(金) 〜 2019/10/14(月)
会場・開催場所 住友コレクション 泉屋博古館
時間 10:00~17:00
休館日 月曜日、9月17日(火)、9月24日(火)
※9月16日(月・祝)、9月23日(月・祝)は開館
料金 一般:600円
高大学生:400円
注意事項等 ※20名以上の団体は2割引き ※障がい者手帳をご提示の方は無料 ※上記料金で特別展・青銅器館両方の展示をご覧いただけます
お問い合わせ TEL:075-771-6411075-771-6411
ホームページ https://www.sen-oku.or.jp/kyoto

関連アートイベント

該当するアートイベントはございません。

関連記事

該当する記事はございません。