Exhibitions展覧会

冷泉家 王朝の和歌守(うたもり)展

2010/04/17(土) 〜 2010/06/06(日)

京都府京都文化博物館 

藤原俊成や藤原定家といった日本文学史上のスターを輩出した、平安・鎌倉時代から続く「歌の家」冷泉家。同家には800年の歴史の中で多くの勅撰集、私家集、歌学書、古記録などが現代まで伝えられ「冷泉家時雨亭叢書」として全84巻が刊行されました。その完結を記念するこの展覧会では、「古今和歌集」「明月記」をはじめとした国宝5点・300点以上の重要文化財を前・後期に分けて公開。雅な王朝美の世界に誘います。

国宝「明月記」(藤原定家自筆/鎌倉時代前期)
(前・後期に分けて全巻を展示)
藤原定家が付けていた日記。冷泉家には31~72歳までのものが伝わっている。書の手本教材としても扱われたが、内容が非常に克明で、歴史資料としての価値も高い。縦約30cmの巻子装。
国宝「明月記 第九 建仁3年春記」(藤原定家自筆/鎌倉時代前期)
定家42歳の初春の日記。正月4日は御幸始で、摂政・九条良経に従って行動した。行間にその日の話題を簡潔にまとめた朱書きがされている。

日本文学史に輝くスターを輩出した、平安・鎌倉時代から800年伝わる「歌の家」、冷泉家
その冷泉家に伝わる古典籍の至宝が、春の京都で一堂に会します。

和歌(やまとうた)は奈良の時代から長きに渡り、日本の文芸の首座を占め続けてきました。なかでも天皇や院の命で編まれる勅撰和歌集の撰者になることは、歌人にとってこの上ない名誉でした。

冷泉家は、平安・鎌倉時代の歌人で勅撰和歌集の撰者となった藤原俊成や、定家、為家を祖にもち、歴代が宮廷や武家の歌道師範をつとめた家柄です。京都御所にほど近いところにある冷泉家の蔵には、その800年の伝統のなかで蓄積された、勅撰集、私家集、歌学書、古記録などが収められています。それらの書物は「冷泉家時雨亭叢書」として刊行され、この度全84巻が完結しました。これを機に、守り伝えられた古典籍の精髄を一堂に会し、これまでにない規模で展覧します。

展覧会では、藤原俊成筆『古来風躰抄』、定家筆『古今和歌集(嘉禄二年本)』『後撰和歌集(天福二年本)』『拾遺愚草』『明月記』の国宝5点をはじめ、300点以上の重要文化財を前・後期に分けて公開します。美しい料紙と流麗なかな文字の取り合わせがみごとな平安時代の装飾本や、華やかに表装された天皇直筆の書「宸翰」が、みやびな王朝美の世界へと誘います。

※前期と後期で全作品入れ替えがございます。
  《前期》4月17日(土)-5月9日(日)《後期》5月12日(水)-6月6日(日)

※写真は全て冷泉家時雨亭文庫蔵

展覧会概要

期間 2010/04/17(土) 〜 2010/06/06(日)
会場・開催場所 京都府京都文化博物館
京都府京都文化博物館
時間 10:00~18:00(金曜日は~19:30/入場は閉室30分前まで)
休館日 ※休館日:月曜日(ただし5月3日は開室、祝日の場合は開館、翌日休館、5月11日(火)は展示替えのため臨時に休室します。)
料金 大人:1200円(前売 1000円/団体 900円)
高校・大学生:800円(650円/600円)
小・中学生:500円(400円/350円)
注意事項等 ※団体は20名以上 ※上記入場料で常設展も観覧可能です。 ※一般のみ4月16日(金)までの期間限定販売で、前売りペア券1800円を発売しています。
お問い合わせ TEL:075-222-0888075-222-0888
FAX:075-222-0889
ホームページ http://www.asahi.com/reizei/

関連アートイベント

該当するアートイベントはございません。

関連記事

該当する記事はございません。