Exhibitions展覧会

西條 茜「タブーの室礼」

2019/10/01(火) 〜 2019/11/09(土)

ワコールスタディホール京都 

西條茜の個展。 『タブー』をテーマに、16世紀フランスの聖俗が混在する文化的背景から、人体と道具の狭間にあるイメージに着目し、西條が実際に今年春に行ったフランスでのリサーチを元にした陶磁器やドローイングの作品などを発表。「物質が持つ時間の概念」や「物質と身体の関係性」を問いかけるその作品を、ぜひご高覧ください。10月5日には作品を用いたパフォーマンスも。

西條茜の個展。『タブー』をテーマに、16世紀フランスの聖俗が混在する文化的背景から、人体と道具の狭間にあるイメージに着目し、西條が実際に今年春に行ったフランスでのリサーチを元にした陶磁器やドローイングの作品などを発表します。

西條はこれまで陶磁器の持つ「リアリティある表面に対して空っぽの内部構造という二面性」、いわば「ハリボテ構造」に着目し発表を行ってきました。
また一方で、陶磁器がはるか昔から生活用品や宗教道具などにも使用されてきたことから、「道具」というモチーフに着目し、世界各地の文化や歴史の中に存在する様々な道具を元にした「架空の道具」をハリボテ構造の陶磁器で作り上げています。
その様々な素材に見立てたリアリティのある質感や形状を持つハリボテの道具たち は、鑑賞者に時間の経過や用途を想像させ、「物質が持つ時間の概念」や「物質と身 体の関係性」を問いかけます。
 

西條茜

1989 兵庫県生まれ
2012 京都市立芸術大学美術学部工芸科 陶磁器専攻卒業
2013 ロンドンロイヤルカレッジオブアートへ交換留学
2014 京都市立芸術大学大学院美術研究科修士課程 工芸専攻陶磁器分野 修了

【主な個展】
2015 石の態度(アートスペース虹/京都)
2017 Folly(アートスペース虹/京都)
2018 Grotta/胎内の孤独(同時代ギャラリー/京都)

【主なグループ展】
2017 Ascending Art Annual Vol.1 すがたかたち(スパイラル/東京・ワコールスタディホール京都)
   rithome 西條茜+嶋春香(京都市立芸術大学ギャラリー@kcua/京都)
2018 Test CaseⅪ(EKWC/オランダ)
   ニューミューテーション -変・進・深化(京都芸術センター/京都)
2019 ARTISTS'FAIRKYOTO2019(京都文化博物館別館/京都)
   Kyoto Art for Tomorrow - 京都府新鋭選抜展2019(京都文化博物館/京都)

【主な受賞歴】
2011 京都市立芸術大学作品展 富本賞受賞
2012 京都銀行美術支援制度2012年度購入作品選抜
2016 六甲ミーツアート芸術散歩
   彫刻の森美術館賞受賞

展覧会概要

期間 2019/10/01(火) 〜 2019/11/09(土)
会場・開催場所 ワコールスタディホール京都
時間 10:00~20:00(土曜日は17:30まで)
※10月5日(土)は「ニュイ・ブランシュKYOTO2019」開催に伴い20:00まで開場
休館日 日・月曜日、祝日
料金 無料
お問い合わせ TEL:075-556-0236075-556-0236
※受付時間9:30~17:00
ホームページ https://www.wacoal.jp/studyhall/

関連アートイベント

該当するアートイベントはございません。

関連記事

該当する記事はございません。